【金スマ】伝説の家政婦kotoさんの減塩レシピ!サバの味噌煮、魚フライ、肉じゃが、豚汁

水島流!サバの味噌煮

2018年3月9日放送の
「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」で
「伝説の家政婦」がとりあげられました。

今回の家政婦はkatoさん。
減塩テクニックを教えてくれました。

減塩率ランキングベスト4のレシピを紹介!

スポンサードリンク

減塩率ランキングベスト4のレシピ

今回家政婦を頼んだのはやしろ優さん。

頼んだのは予約3ヶ月待ちという
友澤寿子さんことkotoさん。

介護施設で栄養士を努めた経験を生かし、
減塩メニューを得意としています。

【4位:減塩率47%:サバの味噌煮のレシピ】

通常のサバの味噌煮は切り身4枚のサバに対して
小さじ6杯の味噌が標準ですが、
小さじ3杯で味付け。

さらにたっぷりのすりゴマで、味噌の代用にすることで
減塩率が上がります。


【3位:減塩率48%:豚汁のレシピ】
一般的な豚汁とは違って
Kotoさんは多くの野菜を使用。

みじん切りした玉ねぎや
ピーマンなども使います。

また、本来はみそを大さじ4加えるところ
半分の大さじ2を入れて溶く。

スポンサードリンク

味の薄さを様々な素材が持つ美味しさでカバー。




【2位:減塩率50%:魚フライのレシピ】

魚フライは、たれやソースに多くの塩分が含まれています。
タレをつけなくてもおいしいフライを作ります。

まず、サワラにをフライパンで酒蒸しします。

そして、パン粉を先にオーブンに敷いて
粉チーズ(大さじ1)とカレー粉(大さじ1)を
混ぜてオーブンで5分焼く。

これをサワラにまぶすことで
ヘルシーで減塩に。

しかも、油で揚げずに作ります



【番外編:47%カロリーダウンのカニグラタンのレシピ】

ホワイトソースは高カロリーの元。

そこで山芋と牛乳を混ぜて
ホワイトソースの代わりに。

小麦粉・バターを使わないため
カロリーを抑えられます。

まず、かにやピーマン、キノコ具材を鍋で炒め
耐熱容器に入れます。

別の鍋にすりおろして炒めたヤマイモに
温めた牛乳をまぜてソースをつくります。

具材を入れた耐熱容器にソースをかけ
粉チーズをふってオーブンで焼けばできあがり。




【1位:減塩率77%:肉じゃがのレシピ】
肉じゃがは先に野菜を炒めて煮込みますが、
kotoさんは野菜を焼き目が入るほど炒めます。

これにより風味豊かな旨味が加わり、
塩分が少なくても美味しく食べられます。

更に、豚肉を別の鍋で炒めますが、
ケチャップで味付け。
醤油で味付けするより塩分を減らせます。

ケチャップに含まれるグルタミン酸、
豚肉のイノシン酸でより美味しくなます。



【金スマ】伝説の家政婦kotoさんの肉じゃがのレシピ!ケチャップで減塩テク

【金スマ】伝説の家政婦kotoさんの豚汁のレシピ!減塩テク

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ