【沸騰ワード10】激辛蒙古タンメン中本の新メニューは伊辛鶏!東池袋店の藤川店長

台湾ラーメン味仙

2018年3月9日放送の「沸騰ワード10」は
「 肉に取り憑かれた芸能人夫婦の旅&
激辛タンメン新メニュー対決」。

ここでは蒙古タンメン中本
50周年メニュー対決を紹介!

スポンサードリンク

蒙古タンメン中本50周年メニュー対決

現在21店舗を展開する「蒙古タンメン中本」。

近年、女性客が急増しています。

渋谷店では岡井千聖さんの姿がありました。
週4日は通っているとのこと。



中本は今年で創業50周年のビッグイヤー。

そこで白根誠社長は、
春の新メニューの考案を発表。

選抜されたのは、
渋谷店の福田店長
東池袋店の藤川店長
吉祥寺店の中井店長
の3人。

10日後の試食会で勝利した1品のみ、
実際のメニューに並びます。



【美鼈50】

渋谷店の福田店長は、
「50辛超え」をテーマにメニュー開発。

具材に10辛のスープで煮たスッポンの肉、
紅白大根の花、金箔をふりかけ、
「美鼈50」が完成。


【伊辛鶏】

東池袋店の藤川店長は、阿波尾鶏を
メインにメニューを開発。

阿波尾鶏のスープに、
ズッキーニ鶏ひき肉などを炒め、
トマトピューレ、中本特製一味、
花椒を入れてスープを作る。

3種のチーズと生ハム、
ルッコラ、トリュフなどを具材に盛り付け、
イタリアンテイストの「伊辛鶏」が完成。
辛さレベルは20辛。




【雲丹春菜】

吉祥寺店の中井店長。

女性の気持ちがわからないということで
岡井千聖さんがアドバイス。

辛さレベル15辛のスープに
ウニを加えてコクを引き立て、
麺にはこんにゃく麺を使用。

ウニの風味が溶け込んだ激辛スープを、
じゃがいもソースで舌に絡みつかせる
「雲丹春菜」。
辛さレベルは30辛。



新メニューは伊辛鶏

蒙古タンメン中本の創業50周年記念の新メニュー
試食会当日、「美鼈50」、「伊辛鶏」、「雲丹春菜」の3品を、
社長の白根誠社長が試食。

白根社長が選んだのは「伊辛鶏」だったのでした。




【沸騰ワード10】焼肉ホルモン6番町&STEAK DINER ARIYOSHI!雛形あきこ夫婦

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ