【ゲンキの時間】涙活の効果でストレス解消!泣ける動画「花嫁と父親の物語」

臭い、体臭、女性

2018年3月11日放送の「健康カプセル!ゲンキの時間」は
「涙活でストレス・病気に勝つ!」。

スポンサードリンク

涙活とは?

涙を流す活動「涙活」が注目を集めています。

涙活でストレスを流す方法―公式涙活本

女性が1回で泣く平均時間は、5~6分。

男性が泣く平均時間は30秒以内
なのだそうです。

一般の人に、感動する動画を鑑賞してもらい、
自律神経の働きを比較する実験を行いました。

すると泣くことによって、
副交感神経が優位な状態になりました。

交感神経は、身体を動かしたり、緊張したり、
ストレスがかかっている時に働く神経。

一方、副交感神経は、寝ている時や
リラックスしている時に働きます。

通常、起きている時には交感神経が
優位に働いていますが、
泣くとリラックスしている時と同じ
副交感神経が優位な状態になります。

すると、脳も癒され精神的なストレスまでもが
解消されていくとのこと。

ただし、ストレス解消になるのは
心が動かされて出る涙で
玉ねぎを刻んだ時に出る涙などでは
効果がないとのことです。

また、泣く事によってストレス中枢が鎮静化され、
それまで溜まったストレスがリセットされるだけでなく、
その後およそ1週間もストレスが溜まりにくくなります。



スポンサードリンク



番組では結婚式での花嫁と父親の物語を描いた、
東山堂のCM映像を紹介していました。







三宅裕司さんは映画のグレン・ミラー物語が
泣けるそうです。

泣くのを我慢する事は、ストレスが溜まった状態に
なるのでよくないそうです。。

LMC社労士事務所では、
社内で「涙活」を行っていて、
ストレス解消や集中力アップの効果が
でているのだそうです。

涙がもたらす、健康効果

泣く事によって、免疫力がアップし
ウイルスを撃退してくれます。

同時に免疫物質IgAの活動も高まり、
目や口などから侵入するウイルスをブロック。
感染症にかかりにくくなるとのこと。

つまり、泣く事で体の内と外から強化され、
様々な病気の予防に繋がります。

また、涙活を行うことでよく眠れるようになり、
健康になったという女性もいました。

寝る前に泣くことで、
リラックスして眠りやすくなります。

自然と深い眠りにつくことができるため、
朝もスッキリと目覚める事ができます。

涙活を行うなら、ストレスの溜まった夕方から夜。
一週間の疲れが溜まった週末がオススメです。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ