【あさイチ】つっぱり棒が落ちない正しいつけ方!選び方も

つっぱり棒

2018年3月13日放送の「あさイチ」で「スゴ技Q」
これは便利!“つっぱり棒”使いこなし術。

スポンサードリンク

つっぱり棒の正しいつけ方

つっぱり棒が落ちてしまうのは、
正しい取り付けをしていないため。

多くの人は、取り付けたい壁の間に入れ、
くるくる回して棒を伸ばして
つっぱらせていました。

この方法だと強度が不足してしまいます。

バネ式つっぱり棒の正しい付け方

100円ショップなどでも購入できる細身のタイプです。

1.壁の間隔よりつっぱり棒を長く伸ばす。

2.棒の片側を壁に押し当てて、
中のバネを一旦縮ませながら、もう片側を押し込む
※細いほうのパイプから取り付けるとつけやすい。

こうすると、バネが十分に縮んだ状態で固定されるため、
つっぱる力が強くなります。

スポンサードリンク

どれくらい伸ばせばいいのかは商品に
よってかわるるので、説明書で確認してください。


ジャッキ式の正しい付け方

ホームセンターなどで売られている、
太いタイプです。

※取り付けるポイントは、
中央に付いているネジの締め具合。

ある程度手ごたえを感じたら
締めるのをやめてしまいがちですが、
ネジの根元近くまでしっかり締めることが大切。

1.壁に取り付け、ねじを回す。

2.どれだけかたくても
ねじの根もと付近まで
しっかりと回し固定する。

ジャッキ式つっぱり棒は
太さの異なる2本のパイプで出来ていて、
ネジは先端が錐状になっているため、
これを細いパイプに貫通させることで
1本のパイプになるため。



つっぱり棒にはそれぞれ「耐荷重」があります。

これはそのつっぱり棒に物を何キログラムまで
掛けられるかを表しています。

しかし、この耐荷重について注意することがあります。

それは「棒を伸ばすほど耐荷重は減る」ということ。

例えば「最大耐荷重5kg」と書いてあるつっぱり棒の場合、
いちばん短くした状態で5kg掛けられるという意味で、
棒を伸ばすほど耐荷重は減ってしまいます。

使いたい長さに伸ばしたときに
耐荷重が何キログラムくらいになるのかを考えて
選ぶことが大切です。

商品によっては、「○センチのとき耐荷重○キログラム」と
細かく書かれているものもあります。



【あさイチ】つっぱり棒を弱い壁の場所につける方法!

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ