【ガッテン】便秘の排便困難型の対策法!

考える人、便秘、痔

2018年3月14日放送の「ガッテン」は
「便意はあるのに出ない!?便秘の新タイプ解消SP」。

スポンサードリンク

新しいタイプの便秘「排便困難型」

去年、日本で初めて医師などによって発表された
「便秘診療ガイドライン」。





その中で注目されるのが
新しいタイプの便秘「排便困難型」。

患者の2~3割が該当すると言われ、
食物繊維や適度な運動といった
これまでの対策がほとんど効かないという
やっかいなもの。

【排便困難型が疑われる症状】

1.便意はあるのに、また便が肛門付近まで
来ている感覚はあるのに、そこから出しづらい。

2.長時間いきまないと便が出ない。

3.排便したあとも、便が残っている感覚(残便感)がある。

スポンサードリンク

4.食物繊維を多くとったり、薬を飲んだり、運動したり、
いろいろな対策を行ったが、便の出しづらさが改善しない。

これらの症状が思い当たる方は、
排便困難型の可能性があります。

排便困難型の便秘の原因は
直腸周辺の筋肉の働き。

肛門の近くにある恥骨直腸筋は、
力が入ると直腸を締めて
便を止めてくれるものですが、
便を出そうといきんだ時にも、
ぎゅっと締まって肛門が開かないのです。

排便困難型便秘の対策

高野医師の病院では、排便困難型患者に対して
「肛門を締めたり緩めたりする運動」を
リハビリとして指導しています。

1.肛門をぎゅっと締める(1,2,3,4,5と、5秒ほどかけて数を数える)~

2.ふっと脱力し肛門を緩める(1,2,3,4,5と、5秒ほどかけて数を数える)で1セット(回)。

これを繰り返すというもの。

ぎゅっと力を入れて筋肉が疲れたところで脱力して、
肛門から力を抜いた感覚を体に思い出させる目的で
行っています。

1日に10~20セット程度行うことを
高野医師はおすすめしています。


排便しやすい姿勢

さらにロダンの「考える人」のような
前傾姿勢をすると排便しやすいとのこと。

前傾姿勢にすると恥骨直腸筋が緩みやすくなり、
直腸がまっすぐになるため
排便しやすいと実証されています。

ポイントはひじが太ももに付くぐらいの
前傾姿勢をとることです。



【ガッテン】新しいタイプの便秘薬!ルビプロストン




【ガッテン】便秘解消にうつ伏せゴロゴロ寝運動のやり方!

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ