【ハナタカ】簡単味付き卵の作り方やレタスをシャキシャキにする方法

レタス野菜

2018年3月15日放送の「日本人の3割しか知らないこと
くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」。

たったコレだけ!?
春のハナタカの食品編を紹介!

スポンサードリンク

春のハナタカ 食品編

【水を使わずレタスをシャキッと復活させる方法】

50℃ぐらいのお湯に2分ほど浸けると
レタスのシャキシャキ感を取り戻せます。

お湯に入れることで気孔が開き、
水分が入りやすくなるため。



【みそ汁にヨーグルトを入れると美味しくなる】

みそ汁にヨーグルトを入れると、
劇的に美味しくなります。
ヨーグルトも味噌と同じ発酵食品で、
それぞれのうま味が合わさり
美味しくなります。


【アサリの砂出しはお湯ですると良い】

およそ50℃くらいのお湯を使えば、
貝が膨らんで砂が出やすくなります。

50度のお湯を作るには
沸騰させたお湯に同量の水を加えれば
大体50℃のお湯ができあがります。



【塩水にいれれば味付き卵に】

ゆでたまごを塩水に入れれば、
簡単に味付きになります。

普通にゆでたゆで卵を
少し濃い目の冷たい塩水につけるだけ。

1時間ほど待つだけで、卵に塩味がつきます。

カラにある小さな穴から、
塩水が中に染み込みます。



【サクサクした衣を作る方法】

天ぷらの衣は、水の代わりにビールを
混ぜるだけでサクサクになります。

日本料理よし邑の料理長によると
かき揚げには、衣にメレンゲと
片栗粉を混ぜると良いとのことです。


【残ったチラシ寿司はチャーハンになる】

残ったチラシ寿司はは炒めて
醤油などで味付けをすれば絶品チャーハンに。

酢の酸味は炒めれば飛ぶため、
具だくさんの美味しいチャーハンになります。



【ハナタカ】シャワーの出を良くする方法や証明写真でキレイに写る方法

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ