【ジョブチューン】血糖値スパイクにはマイタケで予防・改善!GI値も

まいたけ、マイタケ、きのこ

2018年3月24日放送の「ジョブチューン」の中の
血糖値スパイクの危険度チェック
予防・改善の食べ物をぶっちゃけを紹介!

スポンサードリンク

血糖値とは

血糖値とは血液内のブドウ糖の濃度のこと。

正常な人の血糖値は空腹時80~100mg/dl程度、
食後140mg/dl以内。

血糖値が常時140mg/dl以上の場合は
糖尿病を患うリスクが高くなります。

近年危険だとされているのが血糖値スパイク。

空腹時は平常なのに食後は
140mg/dl以上に急上昇すること。

血糖値スパイクがおこると
急激に増えたブドウ糖により
血管が傷み脳卒中や心筋梗塞、
さらにはがんになる恐れも。

血糖値について教えてくれるのは
糖尿病専門医泰江慎太郎先生。

血糖値スパイクになりやすいかチェック

血糖値スパイクになりやすい
タイプかをチェック。

・朝食を食べない
・食べるのが早い
・野菜をあまり食べない
・甘いものをよく食べる
・お腹がでている
・運動をしない
・睡眠時間6時間以下が週3日以上ある
・家族・親族に糖尿病の人がいる

4つ以上当てはまる人は
血糖値スパイクになるリスクが高い。

血糖値スパイクを予防する方法

血糖値スパイクを予防するには
重要な成分が2つあるとのこと。

【1つは食物繊維】

糖は小腸で吸収されますが
食物繊維が多い食品を食べると
小腸での吸収を緩やかにすることができるので
血糖値が急上昇するのを防ぐ効果が期待できると
言われています。

スポンサードリンク

1日20g以上とってほしい。


【2つ目はMX-フラクション】
血糖値を抑えるインスリンの
動きを良くします。


食物繊維も豊富で、なおかつ
MX−フラクションが唯一含まれる
食べ物があります。

それは「マイタケ」

40代~60代の男性6人が
1週間ほどマイタケを食べると、
4人が血糖値スパイクが
下がったのでした。

MX-フラクションは水に溶けやすいため、
マイタケを入れた味噌汁がオススメ。

特に朝食の時に1番最初に摂取をすると
その日の食後の血糖値の急上昇を予防する
効果が期待できます。

1日約50g食べるとよい。


GI値

またGI値も気にしてほしい 。

糖分が消化・吸収されるスピードを
表したのがGI値。

GI値が55を超えている食べ物は
血糖値スパイクを起こしやすい。

野菜の中で注意が必要なのが
じゃがいも・にんじん。

フランスパンや食パンも、
麺類ではうどんなどが高い。

しかし、GI値が高い食材でも、
食べる順番を変えることで
血糖値スパイクを予防できます。

順番はなるべくGI値の低い野菜から
食べます。

そのあと肉・魚・卵などを
食べるとよいとのことです。



【ジョブチューン】突然死を防ぐにはブルーチーズ!血管マッサージのやり方も

【ジョブチューン】便秘解消にきなこヨーグルト&上体ひねり運動!

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ