【世界一受けたい授業】突然死!心不全の症状や防ぐ方法

2018年3月31日放送の「世界一受けたい授業」は
「明日4月1日から変われる12のことSP!」。

ここでは心不全の症状や防ぐ方法を紹介!

スポンサードリンク

突然死

第6位は突然死。

近年、心不全の患者数と
死亡者数が急増しています。

今年2月大杉連さんも
急性心不全で突然亡くなりました。

心不全とは
心臓の動きが弱まり、全身に必要な血液が
供給されない状態のこと。

心不全が進行すると
突然死のリスクが高まります。

普段元気だと思っていても
急激な運動、お風呂などの温度変化、
ストレスなどが引き金で
突然死が起こってしまいます。

心不全は高齢者だけの病気ではなく
若い人にも起こりうるとのこと。

心不全の症状

夜寝ている時に、頻繁にトイレに行く人は、
心不全が起こる可能性があるとのこと。

心不全の人は血液の循環が悪いため
下半身に水分がたまりがち。

夜、横になるとその水分が
静脈やリンパを通って
心臓に戻っていきます。

心臓はその水分をどんどん尿として
排出しようと働きかけるため
夜中に頻尿で起きてしまうこともしばしば。

その他の心不全の症状としては
首の頸静脈が膨らんだり、
運動すると息切れする。

足がむくんで、スネを押すと
へこむ、
などがあります。

心不全を防ぐためには

心不全を防ぐためには毎日のウォーキング。

スポンサードリンク

スウェーデンのウプサラ大学の研究によると
毎日1時間以上のウォーキングや水泳などの
運動を行っている人は
運動をしていない人と比べ、
心不全の発症率が46%も低かったとの結果が。

通勤途中にエスカレーターではなく
階段をつかったり、1駅分歩いたり、
こうしたちょっとした努力で1日1時間に
近づけてみましょう。



そのほかの4月1日から変われる12のことはこちら↓
【世界一受けたい授業】肩こり解消の骨ストレッチ!

【世界一受けたい授業】突然死!心不全の症状や防ぐ方法

【世界一受けたい授業】痩せぐせダイエットの舌磨きのやり方!5秒腹筋も

【世界一受けたい授業】お弁当のから揚げ・卵焼きのレシピ!冷めてもおいしい

【世界一受けたい授業】質のよい睡眠のとり方!みそ汁やトマト

【世界一受けたい授業】筋力アップにはスケソウダラを食べる!高齢者でもできる

【世界一受けたい授業】新生活の不安を乗り切る3つの秘訣!青学の原晋先生

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ