【ゲンキの時間】姿勢改善の壁スクワットや巻きタオル法!悪い姿勢のタイプ

腹痛、女性

2018年4月1日放送の「健康カプセル!ゲンキの時間 」は
「~腰痛・膝痛・股関節痛~姿勢で若返り&痛み改善」。

2つの悪い姿勢のタイプや姿勢の改善法を紹介!

スポンサードリンク

姿勢が悪いと見た目と体の不調に

姿勢の悪いゲンキチャレンジャーが
姿勢を正すとシワ・たるみが改善し
顔も若々しくなりました。

また、見た目だけでなく
長時間悪い姿勢を続けることで
本来の背骨のS字カーブが崩れ、
頭が前や後へ傾きます。

すると首の僧帽筋が緊張し
血流が悪くなります。

それが肩こりや首こり、関節痛など
様々な身体の不調につながります。

姿勢の悪さには大きく分けると、
カメタイプとゴリラタイプの
2つのタイプがあります。

カメタイプ

骨盤が後傾し、頭が前に突き出ているタイプ。

いわゆる猫背。

パソコンを覗き込んだりするなど、
長時間の悪い姿勢が原因。

首こり、肩こり、背中痛になりやすい。

【カメタイプのチェック法】
1.壁に向かってイスに座り、
つま先とひざを壁につける

2.つま先とひざをつけたまま立ち上がる

うまく立ち上がることができない場合は、
カメタイプ。

カメタイプは、重心が前にあるため、
身体を前に傾けないと立ち上がれません。


スポンサードリンク

ゴリラタイプ

ゴリラのようなそり腰になっている状態。

カメタイプの逆で、骨盤が前傾し、
お尻が後ろに出ているのが特徴。

ハイヒールをよく履く人は要注意。

重心が前になるのを、上半身で
バランスを取ろうとするため、
そり腰になりやすい。

腰痛、膝痛、股関節痛に
なりやすい。

【ゴリラタイプのチェック法】

1.足を肩幅に開く

2.片足を一歩前に出して、
びざを曲げながら腰を下げる

3.前に出した膝の角度は90度に。
背筋が曲がらないように

4.ひざを伸ばし、元の位置に戻る
もう片足も同様に行う

身体がフラついてしまう場合は、ゴリラタイプ。

どちらのタイプにも効く簡単姿勢改善法

【姿勢改善 壁スクワット】
1.壁に向かって足を肩幅に開き つま先をつける

2.手を頭の後ろで組む

3.そのまま、お尻を突き出すようにゆっくりひざを曲げる

ひざが壁に軽く触れるくらい曲げるのが目安

※1セット5回、1日3セット行います。

続ける事が大切です。



【巻きタオルで簡単姿勢改善法】

1.バスタオルをたたんで、くるくる丸める

2.イスの背もたれの下に置く

3.お尻の後ろ半分をタオルに乗せて座る

これだけで、傾いた骨盤が正しい位置に戻り、
姿勢が改善されます。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ