【名医のTHE太鼓判】股関節の疾患予防におしりエクボ体操&トリガーポイント!中山忍

女性、あぐら、スマホ

2018年4月2日放送の「名医のTHE太鼓判!」は
「ザ・腰・股関節の痛み改善★一生健康的に歩こう!」。

股関節の疾患予防に
おしりエクボ体操やトリガーポイントのほぐし仕方を紹介!

スポンサードリンク

股関節が堅い

股関節の硬さが悩みだという中山忍さん。
座って足を開いて前屈しようとしても
全く曲がらない。

股関節が硬いと冷え性になりやすく、
転倒などのリスクも高まるとのこと。

ドラマ撮影で撮影まで時間があった中山さんは
ペシャンコ座り(女の子座り)で読書を始めました。

船山敦先生によると
ペシャンコ座りをしている人は、
股関節に問題がある可能性が高いとのこと。

中山忍さんの股関節を調べてみると
臼蓋形成不全でした。

股関節の骨の疾患で
将来痛みが出るかもしれない。

股関節の骨盤部分を見てみると
中山さんは人よりかぶりが浅い。

すると将来骨が変形し、軟骨がすり減り
歩行に影響が出るかもしれない。

ペシャンコ座りができているのは
臼蓋形成不全の可能性がある証拠だったのです

残念ながら一度摩耗した軟骨は
2度と回復しない。とのこと。

スポンサードリンク

股関節疾患の予防法

股関節疾患の予防法を
理学療法士の佐藤正裕さんに教えてもらいます。




【お尻の周りのトリガーポイント】

臼蓋形成不全やペシャンコ座りの癖がある人は、
お尻周りの筋肉が硬いのだそうです。

お尻の周りのトリガーポイントを
指圧して筋肉を柔らかくすることで、
股関節疾患の予防になるといいます。

1.横向きに寝て、ひざを少し曲げる。

2.骨盤の一番張り出した骨の
すぐ下の部分(中殿筋の付け根)を約15秒ほぐす。

これを左右行います。

他にも凝っている部分があれば、
ほぐしてあげるとより効果的。

この方法はゴムボールやゴムボールを
使えば1人でもできます。



【おしりエクボ体操】

1.立ってかかとを上げて、
両方のかかとを合わせる。

2.お尻gしまり、
お尻の脇にえくぼができる。

3.このまま10秒キープする。

1回10秒を1日3回行うとよい。



この日のそのほかの名医の太鼓判はこちら↓
【名医のTHE太鼓判】腰痛改善に壁ドン体操!犬山紙子

【名医のTHE太鼓判】ひざの痛み解消体操のやり方!ラサール石井

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ