【NHKスペシャル】ゴースト血管の改善方法!スキップやシナモン

2018年4月1日放送の「NHKスペシャル」は
「NHK 若くても油断できないー
―毛細血管が消えていく「ゴースト血管」のリスク

スポンサードリンク

ゴースト血管とは

毛細血管に血液が流れなくなり、
消えてしまう現象。

それを「ゴースト血管」といいます。

放置すれば毛細血管そのものが消滅し、
酸素と栄養が全身に行きわたらなくなることも。

そのため、ゴースト血管は肌のシワやたるみ、
骨粗しょう症、肝臓や腎臓の機能低下、
さらには認知症など、深刻な病にもつながるといいます。

ゴースト血管になる原因

ゴースト血管の一番のリスクになるのは「大食い」。

その理由はご飯や麺類などから
糖質を過剰にとってしまうため。

過剰に摂取した糖質は体の中で
有害物質に変わります。

その有害物質を人口の毛細血管に流し、
反応させると血管は細胞が傷つき
壁細胞が剥がれて内皮細胞の間に隙間ができ、
血液成分が大量にもれだします。

漏れた先には血液はいかなくなり、
ゴースト血管になります。

糖は基本体のエネルギーで大事なものですが、
過剰摂取は有害物質になります。

スポンサードリンク

ほかにも加齢、睡眠不足などでも
漏れ出します。

また、ゴースト血管になる原因は
血液そのものがいかなくなることがある。

その原因の代表的なものがタバコ。
そして、血圧。

更に運動不足は血流が下がるので
血管の接着性が悪くなり
血液が漏れやすくなります。

ゴースト血管対策法

専門家高倉さんのオススメはスキップ。

ふくらはぎは第2の心臓とも呼ばれています。

ふくらはぎはの筋肉を動かすことで
全身の血液を循環させる大切なポンプの
役割を果たしています。

血流が上がれば毛細血管の内皮細胞が刺激され、
細胞同士の接着力が強くなり
血管の壁が丈夫になります。

毎日、朝昼晩各20回行うとよいとのこと。

ゴースト血管の予防や回復に
効果がある物質の研究も進んでいます。

その結果、漢方薬のケイヒ(桂皮)は
内皮細胞の接着力を1.5倍に高まることが
わかってきてます。

しかしケイヒは手に入りやすいものではないので
その代わりに シナモンやヒハツ、ルイボスティーを
摂取すると良いとのこと。

しかしこれはまだ研究段階。
人ではまだ正確なものではないとのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ