【きょうの料理】土井善晴の卵焼きのお弁当のレシピ!

から揚げ弁当

2018年4月5日放送の「きょうの料理」は
食べもののちから「~送る~卵焼きのお弁当」

土井善晴さんのシリーズ。

ここでは「卵焼きのお弁当」のレシピを紹介!

スポンサードリンク

卵焼きのお弁当のレシピ

お弁当

のり入りの卵焼き、さやいんげんのごまあえ、
にんじんの酢の物、ごぼうのきんぴら、
と彩り豊か。

お米→適量

梅干し→適量

【のり入り卵焼きのレシピ】

『材料』(1人分)
卵→ 2個
焼きのり→ 1/2枚
砂糖→大さじ2~3
しょうゆ→小さじ1
サラダ油→適量

『作り方』
1.ボウルに卵を割り入れて砂糖、
しょうゆを加えて溶きほぐす。
※卵焼きは砂糖を入れると
冷めてもしっとりとする

焼きのりは半分にちぎる。

2.卵焼き器を中火にかけてサラダ油(適量)を
なじませ、卵液半量を流し入れる。

3.②の表面がふくらんできたら
菜箸でつつき、七分通り火が通ったら
手前にのりの半分をのせ、
向こう側から手前に巻く。

4.向こう側のあいたところにサラダ油(適量)を
塗り、卵焼きを向こう側へ移動させて、
手前にサラダ油を塗る。

5.残りの卵液を流し入れ、
卵焼きの下にも卵液を行き渡らせる。

6.七分通り火が通ったら、のりをのせて巻く。

焼き上がったら巻きすに取り、
形を整えて冷ましてのり入り卵焼きの
できあがり!




【ごぼうの煮干し入りきんぴらのレシピ】

スポンサードリンク

『材料』
ごぼう→40g
煮干し→ 4~5本

砂糖→大さじ1
しょうゆ→大さじ1/2
七味とうがらし→適量

サラダ油→適量

『作り方』
1.小鍋に煮干し4~5本
(においが気になれば頭を取る)を入れ、
サラダ油(大さじ1)を加えて炒める。

2.ごぼうをささがきにする。

3.①に②を加えて炒める。

4.油がなじんだら砂糖、しょうゆを加え、
汁気がなくなるまでいりつけ、
七味とうがらしをふる。

5.鍋底をぬれ布巾に当てて冷ます。

【にんじんの酢の物のレシピ】

『材料』
にんじん→40g

塩→1つまみ

酢→大さじ1

砂糖→小さじ1

『作り方』
1.にんじんは皮をむき、
スライサーでせん切りにしてボウルに入れ、
塩を混ぜて1分ほどおく。

2.①がしんなりとしたら
紙タオルで水気を絞り、
酢、砂糖で味つけをする。




【さやいんげんのごまあえのレシピ】

『材料』
さやいんげん→30g

塩→適量

白ごま→大さじ1

『作り方』
1.さやいんげんはヘタを除き、
食べやすい長さに切って塩ゆでし、
水にとって冷ます。

2.白ごまをすり鉢で粗ずりにし、
塩で味を調え、水気を取った
さやいんげんを加えてあえる。


お弁当箱にご飯を盛り、冷めたら
のり入りの卵焼き、さやいんげんのごまあえ、
にんじんの酢の物、ごぼうのきんぴらを盛りつけて
梅干しをのせれば
卵焼きのお弁当のできあがり!



【きょうの料理】土井善晴の牛すき煮弁当のレシピ!

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ