【ヒルナンデス/東海道五十三次】四日市の来来憲のとんてき定食&日永うちわ

東海道五十三次

2018年4月6日放送の「ヒルナンデス 」の
「東海道 レッツ 五十三次 新名物探し」

四日市の来来憲のとんてき定食&
稲藤の日永うちわの紹介!

スポンサードリンク

東海道レッツ五十三次

江戸時代、日本橋から京都三条大橋を結んだ東海道。

その53の宿場では、数々の名物が生み出されていきました

どんなグルメやスポットがあるのか?

ニッチェとたんぽぽがガチで今の東海道を旅する企画!

先回は四日市工場夜景が見られる絶景スポットうみてらすへ。
【ヒルナンデス/東海道五十三次】四日市のうみてらすや三重うまし国横丁の伊勢うどん

次に目指す宿は石薬師宿。

【稲藤(日永うちわ)】

明治14年創業の稲藤へ到着。

江戸時代から続く伊勢神宮の参拝のお土産品。

江戸時代中期から作られていたとされる
日永うちわは現在は稲藤が最後の一軒。

1本の女竹の先端を最大64本になるまで割き
糸で結んで根本は袋状にあみ、
全体は扇状に張り上げるのが特徴。

均一にはけでのりを塗り和紙を貼り、
乾燥後ははみ出した部分を切り落して仕上げます。

すべて手作業の職人技。

近年は新商品の開発も。
虫よけ効果のあるゼラニウムという成分を含んだ
香り玉を仕込むことも。

スポンサードリンク

吹くと笛のような音が出る
「笛吹きうちわ」もあります。

高いうちわでは1本3万円もする
伊勢型紙うちわもあるとのことです。

一行が先に進むと杖衝坂というすごい坂が。
全長約100m、高低差20m以上。




【来来憲】

杖衝坂を超え、見えたてきたのは
名物とんてきのお店。

創業40年の老舗「来来憲」。

消費カロリーをチェックすると
合計で2410kcal。

注文したのはとんてき定食(1950円)と
単品ライス大盛り(350円)。

かなりボリュームがあります。

とんてきは上質な豚厚切り肉グローブ状に切り、
たっぷりのにんにくと秘伝のタレで焼いた名物。

♪————————-♪
来来憲
住所:三重県四日市市小生町229-186
♪————————-♪

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ