【シューイチ】動的ストレッチのやり方!本気のラジオ体操

ストレッチ

2018年4月8日放送の「シューイチ」の「中山のイチバン」は
スマホ&パソコンのコリに! 本気のラジオ体操

スポンサードリンク

動的ストレッチメソッド

話題の本「動的ストレッチメソッド」の
著者は日本オリンピック委員会医科学スタッフ
谷本道哉さん。

ストレッチには動的ストレッチと
静的ストレッチの
2種類のストレッチがあります。

ゆっくりと筋肉や筋を伸ばす
“静的ストレッチ”は運動後の
筋肉疲労などに有効。

パソコンやスマホなど長時間同じ姿勢で
動かないでたまった疲労(e-疲労)に
には、“動的ストレッチ”が有効。

硬直した筋肉をほぐし
疲労の解消につながります。

可動範囲のチェック

e-疲労で可動範囲が悪くなるのは
背骨、肩甲骨、股関節です。

スポンサードリンク

背骨

ラジオ体操の後屈のように後ろに反ります
後ろの景色が見えるくらいが理想。



肩甲骨

肩を前後に大きく動かす。



股関節

足を高く上げる。
理想は胸の高さまで上がること。

動的ストレッチのやり方

ラジオ体操の動き。
きちんとやれば最適な動的ストレッチに
なるとのこと。

しっかりと背骨や肩甲骨、股関節を
動かします。

動的ストレッチ

後屈・側屈・回旋

【背骨の動的ストレッチ(後屈)】

1.肩甲骨を意識して、手を上にあげ、伸びをする。

2.顔を上げる。

3.全身を後ろに反らす。

4.ゆっくりもどす。




【背骨の動的ストレッチ(前屈)】

1.首を前に倒す。

2.背骨を丸め込むイメージで手を下のほうに下ろす。

3.全身を前に倒す。




【背骨の動的ストレッチ(側屈)】

1.首を真横に倒す。

2.曲げた方とは反対の腕をあげ、
首を曲げた方の手は腰に当てる。

※背骨がしっかり曲がるように
片方の手で支えるのがポイント

3.股関節から全身を横に曲げる。



【回旋の動的ストレッチ】

1.首を真横にひねる。

2.両腕を肩の高さに上げる。

3.かかとを地面につけたまま
上体を横にひねる。
※かかとは上げない



これらのストレッチは
朝起きてからと夜お風呂上がりの
1日2回がおすすめ。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ