【ZIP】文房具トラブル解決法!切れないハサミや出なくなった油性ペンなど

文房具

2018年4月11日放送の「ZIP!」の「マスカレッジ」。

捨てるにはまだ早い!文房具トラブルの解決法の紹介!

スポンサードリンク

文房具トラブルの解決法

【切れ味が悪くなったハサミ】

切れ味が悪くなった
ハサミを復活させるには
アルミホイルを使います。

アルミホイルを10枚ほど重ね、
切れなくなったハサミで何度も切るだけ。

これは構成刃先という現象。

アルミホイルを切ることで
アルミホイルの切りくずが
ハサミの傷に入り込んで修復してくれます。




【出なくなった油性ペン】
キャップを閉めずに放置して
まだインクは残っているのに、
かすれて出なくなってしまった油性ペン。

除光液を使います。

ペンのふたに除光液を半分ほど入れ、
ふたを閉じて10分待つだけ。

油性ペンには溶剤が入っていて、
これがインクを溶かすことで
スムーズにインクが出てきます。

しかし、キャップを閉めないと
溶剤だけが蒸発して書けなくなって
しまいます。

除光液には溶剤と同じ成分が入っているため、
インクを溶かしてまたかけるようになります。

スポンサードリンク



【消せるボールペンの文字を復活させる】

ボールペンなのに消すことができる
ボールペン。

これはラバーと紙をこすり摩擦熱を発生させ
その熱によって特殊なインクを透明化しています。

ただこのインクが透明になる温度は
60℃と低め。

なので日の当たるところに置いておくと
消えてしまう可能性も。

しかし、復活させる方法があります。

スポーツの時などに使うコールドスプレーを
吹きかけると、文字が浮き上がります。

熱で消えたインクは
-20℃前後で色が戻ります。



【文字をにじまず書く方法】
持ち物にマジックで名前を書いた時に
にじんでしまうことありますね。

文字がにじまむのを防止するには
文字を書く場所にあらかじめ
チョークを塗っておきます。

チョークの粉が布の繊維の間に
入り込んでコーティングし、
インクが染みて広がるのを防いでくれます。



【折れたり短いクレヨン】
折れたり短くなってしまったクレヨンの
復活法。

筒状のアルミホイルの中にクレヨンを入れ、
湯煎にかけて溶かします。

その後、氷水に浸けて固まってから
アルミホイルを外せばかたまって
クレヨンになっています。

クレヨンの主成分は“ろう”なので
ろうそくと同じように溶かして冷やすと
固まるのだそうです。


スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ