【きょうの料理】藤井恵のレシピ!キャベツのザク切り蒸し&よだれ鶏風

藤井恵レシピ

2018年4月16日放送の「きょうの料理」は
野菜をたっぷり食べるワザ!

野菜をたっぷりの量ペロリと食べられて、
しかもおいしさを存分に引き出すワザを、
管理栄養士の藤井恵さんが紹介。

ここではキャベツのザク切り蒸し&
キャベツのザク切り蒸しを使った
にんじんチャンプルーのよだれ鶏風のレシピを紹介!

スポンサードリンク

キャベツのザク切り蒸しの作り方

【キャベツのザク切り蒸しのレシピ】

『材料』(作りやすい分量)

キャベツ →1コ(900g)

塩 →小さじ2/3

水 →大さじ3

『作り方』
キャベツのザク切り蒸しをつくる。

1.キャベツ1コは葉を1枚ずつはがし、
5cm四方のザク切りにする。
堅い軸の部分は薄切りにする。

2.フライパン(直径28cm)に①を入れて
塩をふりかけ、水を回し入れる。
※キャベツは内側の柔らかい部分を下にすると、
フライパンに入りやすくなります。

2.ふたをし、強めの中火にかける。
最初はふたが閉まらなくて
徐々にかさが減ります。

3.ふたが完全に閉まり、
蒸気が出たら中火にし、
キャベツがしんなりしてきたら
1~2回上下を返して2~3分間蒸す。

均一に火を通すため、
途中で上下を返す。

回鍋肉や温野菜サラダなどに使っても。


キャベツのザク切り蒸しよだれ鶏風のレシピ

キャベツのザク切り蒸しを使ったレシピ

スポンサードリンク

【キャベツのザク切り蒸しよだれ鶏風のレシピ】

『材料』(2人分)

キャベツのザク切り蒸し →1/4量

鶏むね肉 →(小)1枚(160g)

塩→小さじ1/3

酒→大さじ2

(A)
すりごま(白)→大さじ1

鶏の蒸し汁→大さじ1

粉ざんしょう →小さじ1/2

しょうが(すりおろす) →1/2かけ分

しょうゆ→大さじ1

酢 →大さじ1

砂糖 →小さじ1



ねぎ(白い部分) →5cm

しょうが(皮付き/薄切り) →1/2かけ分

ねぎ(青い部分) →1本分

にんにく(すりおろす) →1かけ分

豆板醤(トーバンジャン) →小さじ1/2

パクチー →適量

ごま油→大さじ1

『作り方』
1.鶏肉は塩をすり込み、
30分間常温におく。

2.ねぎの白い部分は縦に切り目を入れて
芯を除いてせん切りにし、
10分間ほど水にさらし、水けをきる

3.①の鶏肉を皮側を下にして耐熱皿に入れ、
しょうがとねぎの青い部分をのせる。
酒をふり、ラップを食材にぴったり
つくようにかぶせ、もう1枚
ふんわりとかぶせる。

4.600Wの電子レンジに2~3分間かけたら
2分間そのままおいて蒸らす。

上下を返してラップをかけ直し、
そのまま余熱で火を通し、
完全に冷まして食べやすく切る。

(A)を混ぜて合わせる。

5.フライパンにごま油を中火で熱し、
にんにく、豆板醤を炒める。

香りがたったら火を止め、
(A)を加えて混ぜる。

5.器にキャベツのザク切り蒸しを盛り、
③の鶏肉をのせ、⑤のたれをかける。

白髪ねぎとパクチーを添えてできあがり!

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ