【この差って何ですか】米麹と酒かす甘酒の差!ダイエット、睡眠効果が高いのは?

甘酒

2018年4月17日放送の「この差って何ですか?」のなかの
「米麹由来の甘酒と酒かす由来の甘酒の差」。

スポンサードリンク

甘酒

ここ数年「飲む点滴」と言われ、
大変なブームとなっている甘酒に
まつわる差。

「米麹由来の甘酒」と「酒粕由来の甘酒」では、
その健康効果に大きな差があるとのこと。

砂糖・アルコールが入っていないのが
米麹の甘酒

砂糖・アルコールが入っているのが
酒かすの甘酒

【米麹由来の甘酒】




【酒粕由来の甘酒】

スポンサードリンク

より効果のある甘酒

疲労回復効果やダイエット効果、
睡眠効果が高いのは
「米麹由来の甘酒」と「酒粕由来の甘酒」の
どちらか?

【疲労回復には米麹の甘酒】
「酒粕の甘酒」の甘味成分が「砂糖」なのに対して、
「麹菌の甘酒」は、お米に含まれるデンプンを
麹菌が分解することで生じる「ブドウ糖」が
甘味の成分となっています。

「ブドウ糖」はそれ以上分解できない糖なので、
脳でそのまま使え即効性があります。

なので、疲労回復には米麹の甘酒。



【よりダイエット効果があるのは酒かすの甘酒】
「酒粕」には、元々米の中に入っている「レジスタントプロテイン」と
呼ばれるたんぱく質の一種が含まれています。

レジスタントプロテインは、油と一緒になって、
油を排出してくれるため、油が吸収されないので太らない。

また、砂糖が加えられていますが、砂糖の方がブドウ糖よりも
少ない量で甘くすることができるので、
カロリーは米麹の甘酒よりも抑えることができます。



【より睡眠改善に効果的なのは酒かすの甘酒】
日本酒を作る過程で酒粕を作る前に、
清酒酵母を使って米麹をアルコール発酵させています。

最近の研究で、眠気を誘う脳の物質として注目されている
「アデノシン」。

清酒酵母はアデノシンの作用を強めることから、
速やかに睡眠に入ることが出来て、
いい睡眠が誘導されるということがわかってきています。



【肌荒れ対策により効果的的なのは米麹の甘酒】
米麹の甘酒には、「エルゴチオネイン」という
ビタミンCよりも強い「抗酸化作用」があります。

「エルゴチオネイン」は肌の老化を抑制する効果があると
言われる成分が入っています。

紫外線を受けても炎症を起こしにくくなるため、
紫外線対策になります。



【この差って何ですか】甘酒レシピ!豆乳やきなこ、トマトジュース

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ