【林修の今でしょ!講座】黒酢レシピ!ちょい足し豆乳&海鮮入り野菜炒め

黒酢

2018年4月17日放送の「林修の今でしょ!講座」は
血管&肝臓&髪…老けない秘訣はお酢パワー
健康長寿がよく使う黒酢米酢リンゴ酢SP

ここでは黒酢の働きやレシピを紹介!

スポンサードリンク

最強調味料 お酢

お酢は熱に強く
弱点がないスーパー食材。

渡辺尚彦先生によると
お酢の効果を感じるには
1日に大さじ一杯(15ml)。

ただし、お酢は刺激が強いので
摂り過ぎには注意。

【健康長寿が良く使うお酢ランキングBEST5】

5位:バルサミコ酢
→肌・髪を老けさせない

4位:リンゴ酢
→血管を老けさせない

3位:米酢

2位:穀物酢

1位:黒酢
→肝臓を老けさせない

全てのお酢には
酢酸が入っています。

酢酸は、
・血糖値を下げる
・血圧を下げる
・内臓脂肪を減らす
という3つの働きがあります。

黒酢

健康長寿がよく使うお酢ベスト5の
第1位は黒酢でした。

スポンサードリンク

黒酢には人体で作れない必須アミノ酸9つのうち
8種類入っているとのこと。

黒酢に含まれるアミノ酸が
肝臓を助けるのだそうです。

東大ママドクターの
伊藤明子先生が簡単黒酢料理を
教えてくれました。


黒酢ちょい足し豆乳のレシピ

【黒酢ちょい足し豆乳のレシピ】
『材料』
豆乳→200cc

黒酢→大さじ1

はちみつ→小さじ1

『作り方』
1.豆乳に黒酢とはちみつを混ぜるだけ。

※酸味がほどよく、飲むヨーグルトのような味わいに。



黒酢の海鮮入り野菜炒めのレシピ

【黒酢の海鮮入り野菜炒めのレシピ】

『材料』
キャベツ
にんじん
などの野菜

えび
イカ
などの魚介類

黒酢

調味料

『作り方』
1.魚介類と野菜をフライパンで炒め
黒酢と調味料であじつけをする

※黒酢を入れることで
現代人に不足しがちなアミノ酸を補えます。



医学的に正しいお酢のとり方まとめ

①食後の血糖値の急上昇を抑えたい人は
酢の物は一番最初に食べるのがベスト

②血圧が気になる人は
血圧が上がりやすい午前中朝に食べるのがいい。

③しじみのお味噌汁にお酢を使えば
貝殻からカルシウムがたっぷり染み出し
骨を丈夫にするのに役立つ

④お酢のとりすぎは注意。
適量は1日大さじ1杯




【林修の今でしょ!講座】きび酢のレシピ!ピャースー!与論島

【林修の今でしょ!講座】バルサミコ酢は肌・髪を老けさせない!レシピも

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ