【あさイチ】反抗期も思春期の性ホルモンが関係!セニトロンを増やす方法

ハートの空

2018年4月18日放送の「あさイチ」は
「大反響 “性ホルモン” 第3弾 
~物忘れ・反抗期 脳への影響編~」。

反抗期も思春期の性ホルモンが
関係していることや
感情をコントロールできる
セニトロンを増やす方法などを紹介!

スポンサードリンク

反抗期も性ホルモンが関係

東京に住む河野さんは、
高1次女と小6の長男が
反抗期だということで
悩まされています。

次女が録画していたドラマを
河野さんが誤って消してしまったとき
次女は号泣しながら激怒。
仕返しに河野さんのスマホを床にぶつけて
壊そうとしまたことがあります。

小6の長男は去年から
荒い言葉をぶつけてくるように。

成田奈緒子教授は、
年相応の反応だといいます。

扁桃体は海馬のすぐ上にあり
感情をつかさどっています。

思春期に性ホルモンが大量に
作られると扁桃体が刺激され
感情の爆発が起きてしまうのです。

実は、子ども自身も
よく分からない感情の起伏に襲われて、
コントロールできなくなっていたりします。

反抗期は子どもが親から自立して
成長していくのに必要ですが
あまりに言動がひどいと困ってしまいます。

では、どうすれば感情をコントロール
できるようになるのでしょうか?

それはセロトニンがカギになります。

セロトニンは神経伝達物質の1つ。
脳の神経細胞の間で受け渡され
情報を伝えています。

セロトニンを増やすには
いくつかの方法があります。

セロトニンアップの6か条

【朝日を浴びる】
朝日をしっかり浴びると、
脳の中のセロトニン量が
3倍ほど増えるとのこと。

夜寝る前はスマホは止めて、
朝日をしっかり浴びることが大事。


【夜たっぷり寝る】
小学校6年生の場合は、
9時間連続した睡眠を取ることが大切。


【リズミカルな運動】
リズミカルな運動も
セロトニンが分泌されます。

スキップしながら学校に行くなどでもいいとのこと。



【セロトニンがアップする食生活】
セロトニンはたんぱく質からできています。

たんぱく質のほか、ビタミンや炭水化物も必要です。
バランスのよい食生活を心がけます。



【子供に対する接し方を見直す】
子どもが反抗的な態度をとるのは
当たり前と考え、真に受けず、
余裕をもって接するようにします。

子どものいいところを探すのも大切です。


【ガムをかむ】
あごの筋肉は脳と直結しているので、
ガムをかんで動かすと、
セロトニンが増えやすいとされています。
5分でOKです。


先ほどの河野さんの子どもに3週間、
早寝早起きを実戦してもらいました。

すると自分から起きることができ、
口答えはあるが、
暴れなくなってきたとのこと。

3か月ぐらい実戦すれば効果がでてくる
とのことです。



【あさイチ】物忘れも更年期障害の1つ?記憶力を高めるコツ!性ホルモン第3弾

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ