【林修の今でしょ!講座】バルサミコ酢は肌・髪を老けさせない!レシピも

調味料、ドレッシング、酢

2018年4月17日放送の「林修の今でしょ!講座」は
血管&肝臓&髪…老けない秘訣はお酢パワー
健康長寿がよく使う黒酢米酢リンゴ酢SP

ここではバルサミコ酢の働きやレシピを紹介!

スポンサードリンク

最強調味料 お酢

お酢は熱に強く
弱点がないスーパー食材。

渡辺尚彦先生によると
お酢の効果を感じるには
1日に大さじ一杯(15ml)。

ただし、お酢は刺激が強いので
摂り過ぎには注意。

【健康長寿が良く使うお酢ランキングBEST5】

5位:バルサミコ酢
→肌・髪を老けさせない

4位:リンゴ酢
→血管を老けさせない

3位:米酢

2位:穀物酢

1位:黒酢
→肝臓を老けさせない

全てのお酢には
酢酸が入っています。

酢酸は、
・血糖値を下げる
・血圧を下げる
・内臓脂肪を減らす
という3つの働きがあります。



バルサミコ酢

健康長寿がよく使うお酢ベスト5の
第5位はバルサミコ酢でした。

バルサミコ酢には、肌・髪を
老けさせないパワーがあります。

ぶどうをを熟成・発酵させた
伝統的なイタリアのお酢。

独特な香り、甘酸っぱさ
芳香があります。

活性酸素が増えると肌の細胞を酸化させ
シミ・シワの原因になってしまいます。

バルサミコ酢は穀物酢の9倍も
ポリフェノールが含まれています。

ポリフェノールは抗酸化作用があり
「活性酸素」をおさえてくれます。

そのため肌・髪の老化を防いでくれます。

バルサミコ酢のレシピ

東大ママドクターの
伊藤明子先生が簡単バルサミコ酢料理を
教えてくれました。

・グリルチキンのパルサミコ酢ソース
醤油やソースを使わないので、
塩分を抑えることもできます。

・バニラアイスにちょい足し
弱火でとろみが出るまで加熱したバルサミコ酢を、
バニラアイスにかけるだけ。

ひんやりおいしくポリフェノールがとれます。


医学的に正しいお酢のとり方まとめ

①食後の血糖値の急上昇を抑えたい人は
酢の物は一番最初に食べるのがベスト

②血圧が気になる人は
血圧が上がりやすい午前中朝に食べるのがいい。

③しじみのお味噌汁にお酢を使えば
貝殻からカルシウムがたっぷり染み出し
骨を丈夫にするのに役立つ

④お酢のとりすぎは注意。
適量は1日大さじ1杯



【林修の今でしょ!講座】きび酢のレシピ!ピャースー!与論島

【林修の今でしょ!講座】黒酢レシピ!ちょい足し豆乳&海鮮入り野菜炒め

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ