【がっちりマンデー】もんげーバナナのお取り寄せ!国産できる理由とは?

バナナ

2018年4月22日放送の「がっちりマンデー!!」は
てっきり「海外産」と思ってたアレが…実は「国産」!

ここではもんげーバナナについて紹介!

ASCO(アスコ)

やってきたのは広島県福山市の
ASCO(アスコ)という会社。

日本人が最も食べる果物の
10年連続第1位はバナナ。

しかし、バナナ通常は赤道を挟んで
北緯30度から南緯30度までの間の
バナナベルトでしか作る事はできません。

そのためバナナの流通量のうち
99.9%は輸入に頼っています。

日本でもビニールハウスで
1年中暖房を効かせれば
バナナを栽培する事はできますが
燃料費がかかるので
採算が合いません。

しかし、寒い所でも
バナナが作れるように
品種改良したのがASCOの
もんげーバナナです。

もんげーバナナ

もんげーバナナは
皮まで食べられるといいます。

その理由は国産だから。

海外産のバナナは
害虫が日本に入らないように
厳しい検疫があります。

なので、大量の農薬散布や
防腐剤を使っています。

しかし、国産のバナナなら
検疫はありません。

また、日本にはバナナを
食べる虫がいないので
農薬をまく作業が必要ないのです。

スポンサードリンク

1本600円しますが、岡山県のスーパーでは
入荷と共に売り切れる大人気商品とのこと。

凍結解凍覚醒法

熱帯植物のバナナが
なぜ日本の気候で育つのでしょうか?

それは凍結解凍覚醒法という
田中理事が開発した技術のため。

バナナの株の一部をマイナス60度まで
180日かけて凍らせ、
ゆっくりと解凍します。

そうする事によって過酷な気候を
体験したバナナが覚醒して、
低い気温でも育つように。

さらに実がなるのに通常のバナナは
1年半ほどかかりますが
凍結解凍覚醒法のバナナは
約6ヶ月で実をつけます。

また味も通常のバナナに比べて
糖度が高いのです。

他の果物も

この凍結解凍覚醒法はバナナだけではなく
他の果物にも応用ができます。

熱帯地域でしか作る事が出来ない
パイナップル、カカオ、コーヒー、パパイヤ、
ドラゴンフルーツなど
200種類以上の果物も岡山県にあるASCOさんの農場で
栽培されています。

また、ASCOさんでは一鉢3万で
バナナの苗を販売しています。

ただし、3年後には実をつける事が
できなくなるとのことです。

もんげーバナナは楽天などの通販にはないので
お取り寄せは青空レストランのサイトからどうぞ↓
青空レストラン もんげーバナナ

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ