【たけしの家庭の医学】肩こり解消にねころび体操!体幹の筋肉を鍛える

体操、運動、エクササイズ

2018年4月24日放送の「名医とつながる!
たけしの家庭の医学」は
肩こり新原因&毛細血管機能アップ栄養素&
骨スカスカ物質SP

ここでは、肩こりを解消する原因や
解消する体操について紹介!

スポンサードリンク

肩こりの原因

愛知医科大学病院の岩堀裕介先生は
肩こりの根本原因は肩ではなく
他の場所にあるといいます。

立ち姿を見れば別の場所が原因の
肩こりがわかると話します。

立ち姿で簡単にわかる
肩こりの根本原因チェック。

自然な状態で立ち
正面から立ち姿を見ます

手の甲が見えていれば
肩こりの原因が
首や肩以外のところにあります。

根本原因はお腹周りの筋肉にあります。

岩堀先生は肩こりの原因は体幹の筋肉
体幹が使えていないと骨盤が後ろに倒れ
背骨が曲がり肩甲骨が前に傾き手の
甲が前を向く。

そして、猫背になり僧帽筋に
負担が大きく肩こりになるとのこと。

ちょっと力をいれることを意識して
習慣付けることが大切だとのこと。

肩こり解消のねころび体操

ねころび体操

下半身ひねり体操

脇腹の筋肉をストレッチ&鍛える!

1.あおむけに寝て、両ひざを揃えて立てる。

2.両腕を横に広げる。

スポンサードリンク

3.両ひざを左右にゆっくり倒す。

※頭と肩は動かさないように
両ひざは離さないように

この動作を10回、朝晩2セット行います。

上半身ひねり体操

胸周りの筋肉をストレッチ&鍛える!

1.膝と股関節を直角に曲げた状態で、横向きに寝る。

2.手のひらを合わせて両腕を胸の前に伸ばす。

3.上にある腕を、弓を引くように、
胸の方へ引き寄せて上半身を背中側にひねる。

※このとき、ひざと股関節は動かさない

4.上にある腕を元の位置に戻す

この動作を左右10回ずつ、
朝晩2セット行います。

おしり持ち上げ体操

お腹・背中の筋肉を鍛える!

1.あおむけに寝て、両ひざを揃えて立てる。

2.片方のひざを上げ、ひざの裏側を両手で抱える。

3.この状態で、太ももを胸に押し付けて、
お尻を持ち上げる。
※ひざは胸についたままで腰を反らせないように

4.その状態を3秒キープ。

この動作を左右5回ずつ、
朝晩2セット行います。

3つの体操で体幹のストレッチとトレーニングができ、
僧帽筋への負担が軽減されます。


ねころび体操で検証

肩こりに悩む栗本彩さんが3つのねころび体操で
肩こり解消を検証します。

1週間続けました。

その後、筋硬度計で計測すると
検証前は75だったのが
51まで下がったのでした。

一番の悩みだった頭痛も
なくなったそうです。




【たけしの家庭の医学】かかとおとし体操!骨密度アップに

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ