【この差って何ですか】栄養効果を得られる納豆の食べ方!

納豆

2018年4月24日放送の「この差って何ですか?」の
「納豆にまつわる差」。

白澤卓二先生が
栄養効果を得られる納豆の食べ方を紹介!

スポンサードリンク

栄養効果を得られる納豆の食べ方とそうでない食べ方の差

健康思考の高まりから人気の
「納豆」にまつわる差。

白澤卓二先生が解説してくれます。

【第1問ナットウキナーゼの栄養を、しっかり逃さず食べられるのは?】
A「炊きたてのご飯」

B「冷ましたご飯」
どっち?



正解はB

あつあつご飯だと、
納豆の重要な栄養素である
ナットウキナーゼは70℃以上で
死んでしまう。

納豆にはカルシウムやたんぱく質など
熱を加えても壊れない栄養素もありますが、
ビタミンB1などはナットウキナーゼ同様
死んでしまいます。


【第2問栄養効果を得られるのは?】
A「朝に食べる」
B「夜に食べる」
どっち?



正解はBの「夜に食べる」

ナットウキナーゼは心筋梗塞や
脳卒中を予防する効果があるのですが、
血液が固まりやすいのは夜寝ている時が多く、
夜に血液をサラサラにする必要があります。

ナットウキナーゼは食べて4時間後に
効果を発揮するので、寝る4時間前
あたりがよい。



スポンサードリンク



【第3問よくするトッピングの中に、
納豆の栄養効果を台無しにしてしまうものは?】

A「ネギ」
B「生卵」
C「キムチ」
D「海苔」
E「とろろ」
NGのトッピングはどれ?



正解はBの「生卵」。

納豆の中には肌荒れや髪のパサつきを
良くする「ビオチン」という物質が入っています。

一方、卵の白身には「アビジン」と
いう物質が入っていて、「ビオチン」の
吸収を抑える働きがあるります。

白身と一緒に食べると体内に
「ビオチン」が吸収されなくなってしまう。

黄身の方には「アビジン」がほとんどないので、
卵白を除いて黄身だけにして食べれば問題ない。

また、1番人気の「ネギ」、3番人気の「キムチ」は
納豆と好相性!

さらに先生おすすめの組み合わせは「牛乳」

牛乳のカルシウムを、
骨に届けるには「ビタミンK」が必要。

「ビタミンK」は「納豆」の中に豊富に
含まれているため、納豆と「牛乳」を同時に
食べるカルシウムの吸収を促進してくれます。

北海道には、「牛乳納豆茶漬け」と
いう料理があります。

考案したのは「北の国から」で有名な
脚本家の倉本聰さんとのことです。

【牛乳納豆茶漬けのレシピ】
『材料』(2人分)
牛乳→140cc
薄口しょうゆ→小さじ1
だし汁→60cc
納豆、ごはん、ねぎ→適量



【第4問 栄養効果が高いのは?】
A「粒納豆」
B「ひきわり納豆」


正解はB

「ひきわり納豆」の方が「ビタミンK」の含有量が多い。

「粒納豆」の600μgに対して、
「ひきわり納豆」は930μg。

理由は納豆の発酵の違い。

「粒納豆」は、大豆1粒1粒を発酵させていますが、
「ひきわり納豆」は最初から大豆の粒を砕いて
発酵させるため、表面積が圧倒的に広いのです。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ