【ヒルナンデス】ハーバリウムの作り方!母の日に

ハーバリウム
2018年4月25日放送の「ヒルナンデス」の中の
インテリアプランツ教室 ハーバリウム編。

母の日の贈り物にぴったり!
今話題「ハーバリウム」の作り方を紹介!

スポンサードリンク

ハーバリウム

ハーバリウムとは、植物標本のことで
ビンの中にプリザーブドフラワーやドライフラワーを
特殊な溶液と共にボトリングしたインテリア。

ハーバリウムの作り方

今日のテーマは「母の日に贈るハーバリウム」。

【①ボトル選び】
透明でフタが閉まるガラス瓶であればなんでもOK。
円柱・角柱・幅広などの形がよく使われます。

円柱は一番多いタイプ。
角柱は引き締まった印象で贈り物にピッタリ。
幅広は大きな花が入りアレンジの幅がアップするが
花の位置を固定するのが難しいので上級者向け。

他にも電球型やガラスの靴など
個性的なボトルを使えばオリジナリティアップ。
今回は初心者でも簡単な六角柱にチャレンジ。



【②花選び(ドライフラワー)】

今日はドライフラワーを使います。

より鮮やかなプリザーブドフラワーや
造花でもOK。

造花などを使うとドライフラワーでは
難しい種類・色味で作れます。

ドライフラワーを
自分で作ることもできます。
密室容器にドライフラワー用のシリカゲルを入れ
花を埋めると1週間ほどでドライフラワーに。

手間をかけたくないときは
フタやラップをせずに電子レンジにかけると
約1分30秒で完成するとのこと。

ドライフラワーを購入するときは
古いドライフラワーを使うと
色褪せが早くなってしまうので、
なるべく新しいものを選ぶのがポイント。

スポンサードリンク




【③ボトリング】



ハーバリウム:初級編

ハーバリウム

【ハーバリウムの作り方(1本)】

初級編:花が1本の場合

『材料』
ボトル

花(ドライフラワー)

シリコンオイルなどの専用オイル

『作り方』
1.ボトルに合わせて花をカットする

2.ピンセットでボトルの中に花を入れる

3.オイルを注ぐ。
オイルが膨張するので満タンにしない

4.ふたをしてできあがり!

※花が大きすぎて入らない時は、
セロハンで花を巻いて入れ、
後でピンセットでセロハンを取り出します。


【ハーバリウムの作り方(2本以上)】

『作り方』
1.2つの花がバランスよくなるように
茎の切る長さを変えて切る

2.短い花からピンセットで入れていく

3.オイルを注ぐ

4.ふたをしてできあがり。

※短い花が浮いてしまう場合は
入れる前に花束のようにくくるとうまくできます




【ハーバリウムの作り方(大量)】

1.花の頭だけカットする。(小さめの花をたくさん)

2.瓶にポンセットで小さい花を
色ごとにたくさんつめ色の層を作る

3.オイルを注ぐ。

4.ふたをしてできあがり!

小さい花でもぎっしり詰めれば
ゴージャスに!

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ