【世界一受けたい授業】内臓脂肪を最速で落とす方法!玄米や筋トレ&ウォーキング

ジョギング術

2018年4月28日放送の「世界一受けたい授業」の
「内臓脂肪を最速で落とす方法!」が
とりあげられました。

スポンサードリンク

内臓脂肪の危険性

話題の本に学ぶ
内臓脂肪を最速で落とす方法!

著書の奥田昌子さんに
教えていただきます。

内臓脂肪の危険な目安は、
へそまわりが
男性なら85㎝以上
女性なら90㎝以上。

男性で身長が185㎝を超える人は
身長の半分を目安とします。

世界の肝臓がんの3/4がアジア。

その理由は
人種によって内臓脂肪のつき方は違い
アジア人は内臓脂肪がつきやすい体質。

内臓脂肪がエネルギーに変わる時、
大量の脂肪酸が分泌されます。

血液に乗って最初に流れ込むのが肝臓。
脂肪酸が多すぎると脂肪肝
さらに肝臓がんになるのです。

また、ハーバード大学によると、
がんの原因は食事・肥満が30%を
占めています。

スポンサードリンク

さらに40代の肥満は認知症の発症率が
3倍以上も高くなるという報告も。

痩せていても内臓脂肪が多い人はいて、
よくみられる症状が便秘。

腸が自由に動かず、
食べ物をスムーズに送り出せなくなることが
原因。

また、内臓脂肪が胃を圧迫し、
逆流性食道炎もよく見られます。


内臓脂肪を落とす3つの方法

①脂質を押さえる

・肉のムダな脂身をとったり、鶏の皮などは切り落とす。

・調理は揚げるより焼く、焼くより煮ることで
脂肪の量が減る

・魚にも脂質はありますが青魚は食べたほうがいい。
青魚に含まれるEPAやDHAは内
臓脂肪をつきにくくする。

・飲酒は果物のとり過ぎには注意。

お酒は食欲を高めるホルモンが分泌させてします

フルーツは果糖が豊富。
血糖値を上げないので脳に
満腹シグナルが送られません。

どうしてもフルーツを食べたいときは
いちごがおすすめ。

いちごは果糖やショ糖も少ない。

②アディポネクチンを増やす

脂肪を燃やしてくれるのが、
善玉物質アディポネクチンです。

そのアディポネクチンを増やす食べ物は、
玄米、大豆。

番組では大豆と玄米のキーマカレーが
出されていました。

オクラ、トマトなどの緑黄色野菜、
ひじきなどの海藻もアディポネクチンを
増やすと言われています。

③日々の生活の中で落とす

内臓脂肪を増やす意外な原因が睡眠不足。
睡眠が足りていない人ほど肥満度が高い。

そこでオススメが有酸素運動のウォーキング。
1日30分、普通の散歩より早めに歩く。

有酸素運動をする前に、
筋トレを10分間行うと、
より内臓脂肪が落ちやすくなります。

腕立て伏せ30回など、
何でも10分間、汗ばむ程度行うだけで
効果的です。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ