【林先生が驚く初耳学】成績が上がる小遣いワザ!

勉強、仕事

2018年4月22日放送の「林先生が驚く初耳学」の
初耳 白熱教室は「成績上がる小遣いワザ」

スポンサードリンク

成績上がる小遣いワザ

お年玉やお小遣いの中から
子どもにも教育費を払わせるべきと提唱する
ベストセラーの教育本「おカネの天才の育て方」。

本の内容はアメリカが舞台なのですが、
日本でも実践可能な数々のお金の
教育法が多く掲載されているとのこと。

その中で林先生が最も共感したのは、
教育費を子どもにも払わせるべき、
というもの。

奨学金破産とは別の話として進めます。

アメリカの大学の研究では
学費を親が全額負担するよりも、
一部を子ども自身に負担させた方が
成績がよいことが
結果として出ているそうです。

日本に置き換えると
例えば、子どものお小遣いが
月に1000円だったとします。

子どもがお小遣いを上げて!と
交渉してきます。

本当は500円プラスして
1500円にするところですが

「1000円プラスして、
2000円してあげる!」と伝えます。

ただし、「あなたの塾は学費が高いので
ちょっと出して」といって
500円出してもらうことにします。

つまりお小遣いは2000円になったけど、
500円は自分の塾のお金に回すので、
結果的には1500円。

1000円に500円アップするのと同じです。

しかし、お小遣いをただ単に増やすのではなく、
子どもに「自分で塾の費用を負担している」と
自覚させた方が、学校の成績が上がりやすい
とのこと。

子どもの勉強はカネやモノで釣る

また、子どもの勉強はカネやモノで釣る
と林先生はいいます。

結果に対して賞を与える釣り方はダメ
(よい成績をとったら何かをあげるなど)で、
結果ではなく
途中の気持ちや過程の努力に対し
褒めてご褒美を与えることが有効で
それが習慣化すればその子の財産に
なるといいます。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ