【ガッテン】新しいタイプの便秘薬!ルビプロストン

便秘、トイレ、女性

2018年3月14日放送の「ガッテン」は
「便意はあるのに出ない!?便秘の新タイプ解消SP」。

ここでは新しいタイプの便秘薬について紹介!

スポンサードリンク

新しいタイプの便秘「排便困難型」

去年、日本で初めて医師などに
よって発表された
「便秘診療ガイドライン」。

その中にのっている最新情報です。

回数減少型の便秘の場合の
新しいタイプの薬「ルビプロストン」が
登場しました。

従来の便秘薬(刺激性)

大腸の壁を刺激し、ぜん動運動を
促して便を排出するというもので
市販の便秘薬の大半が
このタイプにあたります。

刺激性の便秘薬は即効性がありますが、
腹痛や下痢っぽくなってしまう人がいたり、
使いすぎると効き目が悪くなったりするという
特徴があります。

スポンサードリンク




新しいタイプ(ルビプロストン)

近年登場した新しいタイプの
便秘薬がルビプロストンです。

腸内の水分泌を促し、便を軟らかくすることで、
排出しやすくすくなり依存性もありません。

ただし、副作用として使用すると
気分が悪くなってしまう人がいます。

処方薬なので
市販はされていません。



浸透圧性(酸化マグネシウム)

酸化マグネシウムを使用したタイプの便秘薬。

これも腸内の水分泌を促し、
便を軟らかくするものですが、
マグネシウムは腎不全患者が使用すると
高マグネシウム血症を引き起こす
可能性があります。

市販もされています。



【ガッテン】便秘の排便困難型の対策法!

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ