【めざましどようび】浜田陽子のホワイト餃子の再現レシピ!ファイト餃子!巣鴨地蔵通り商店街

プロの餃子

2018年5月5日放送の「めざましどようび」の
「完全再現!?レシピ」

料理研究家の浜田陽子さんが
巣鴨地蔵通り商店街のファイト餃子
ホワイト餃子の再現レシピを紹介!

スポンサードリンク

浜田陽子のファイト餃子の再現レシピ

【ファイト餃子の再現レシピ】

『材料』(23個分)
キャベツ→40g
玉ねぎ→40g
白菜の浅漬け→60g

(A)
しょうゆ→小さじ1/2強
砂糖→小さじ1
ごま油→小さじ1
中華スープの素→小さじ1/2
水→大さじ2




豚ひき肉→100g

ニラ→30g

餃子の皮→46枚

サラダ油→適量

熱湯→適量

『作り方』
1.餡を作る
ざく切りにしたキャベツと玉ねぎ、
白菜の浅漬け、(A)をフードプロセッサー
にいれ軽く混ぜる

2.ニラを細かく刻む。

3.豚ひき肉を①の
フードプロセッサーに入れて軽く混ぜ
最後にニラを入れ混ぜる。

※ニラは混ぜすぎると食感が悪くなるので
混ぜる程度にする

4.市販の大判の皮の半分を、
一回り小さく切る。

5.大きい皮に小さい皮を乗せて二枚重ねにし
餃子のあんを10g程度乗せて包む。

両端をつまむようにして包み、
折りこんでいく。

6.餃子を焼く
フライパンにサラダ油を適量ひいて
餃子を隙間なく並べて火をつける。

7.熱湯を餃子の8分目くらいが
漬かるまで入れる。

8.蓋をして中強火で8分
蒸し煮にする。

9.8分後ふたを開けて温めた油を
隠れるくらい注ぐ。

※本家もほぼ同じ焼き方とのこと。

10.油を入れてから5分ほど
中強火で焼いていく。

油が減ったら追加していく。

11.焼けたら余計な油を戻し
お皿に盛ってできあがり!




再現ポイント
・皮の二枚重ね
・白菜の浅漬けを使う



本家の餃子の皮はフランスパンの生地で
作られているのだそうです。



スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ