【世界一受けたい授業】アルツハイマー病の新治療「リコード法」とは!?

老夫婦、病気、介護

2018年5月5日放送の「世界一受けたい授業」は
「日本に迫る7つの危機2時間SP」。

ここではアルツハイマー病の新治療
「リコード法」を世界的権威の先生が伝授!

スポンサードリンク

アルツハイマー病の早期発見の鍵

アルツハイマー病の早期発見の大きな鍵を握るのは、
物忘れよりもにおい が分からなくなること。

アルツハイマー病を発症すると、
脳の中の記憶を司る海馬よりも先に、
嗅内皮質という嗅覚に大きく関わる部分が
委縮します。

そのため記憶障害よりも先に、
嗅覚の低下が現れるようになります。

アルツハイマー病の新治療

アルツハイマー病の新治療
「リコード法」を
世界的権威のデール・ブレデセン先生が伝授。

初期のアルツハイマー病の9割は治ると
先生は言います。



アルツハイマーのチェック法

①毎日お酒を飲む

②お腹が張ったり下痢になりやすい

③1日に20本以上タバコを吸う

④つい食べ過ぎてしまう

⑤虫歯や歯周病がある

⑥過去に頭を打って失神したり
頭の大きなケガをしたことがある

⑦よくいびきをかく

⑧最近汗をかきにくくなった

⑨普段から部屋が散らかっている

⑩デスクワークが多い

4~6個は今後要注意です。

7個以上の人はアルツハイマー病の予備軍か
リスクのある方、
すでに始まっている可能性も。


認知機能を治すリコード法

これまではアルツハイマー病は
進行を遅らせる事しかできませんでした。

スポンサードリンク

しかし、デール・ブレデセン先生は
発生原因が36個あることを突き止めました。

36個の原因を生活習慣の改善により
最終的に全て塞ぐことで病気をなおすことが
できるといいます。

まず、食事、睡眠、運動から
改善していきます。

①食事

【ブロッコリー・サケ・キノコ】
これらはアミロイドベータの毒素を排出したり
情報伝達をスムーズにしてくれる。

【チーズやキムチなどの発酵食品】
体内菌のバランスを正常化することで、
脳に栄養が行きやすくなる。

【オリーブオイルとアボカドなどの不飽和脂肪酸】
脳の機能を向上させて活性化させる効果がある。

調理をする時は焼くのではなく、
煮たり蒸したりすると
アミロイドβの増加を抑制する効果が期待できます。



アルツハイマー病改善に脳に良い最強定食のレシピはこちら↓
【世界一受けたい授業】アルツハイマー病改善に脳に良い最強定食のレシピ!



食事の時に気をつける、
アルツハイマー病の予防になる習慣は
夕食から朝食の間を12時間空ける

12時間空けて 脳を飢餓状態にすることで、
細胞の中のゴミ、アミロイドベータを
掃除してくれます。

その結果、アルツハイマー病の発症を
抑制することができます。


②睡眠

1日7~8時間の睡眠が必要です。
それ以下になると脳へのダメージが蓄積され
アルツハイマー病のリスクが高まります。

音楽を聴くなど寝る前に30分間の
リラックスタイムを作ると睡眠の質が高くなります。

寝る前のスマホ・パソコンは控えるようにします。


③運動

有酸素運動の他に行うと良いのが筋トレ。

筋肉量を増やすことでテストステロンという
ホルモンが作られ、記憶を司るニューロンが活性化し、
認知機能のアップが期待できます。


【世界一受けたい授業】うつ病予防にバンザイストレッチ!ストレス発散

世界一受けたい授業】酢キャベツダイエット新レシピ!チャーハン!丸山桂里奈

【世界一受けたい授業】酢キャベツチャーハンのレシピ!ダイエットに

【世界一受けたい授業】くるくるマッサージのやり方!気象病を防ぐ

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ