【あさイチ】異所性脂肪とは?対策にインターバル速歩

ウォーキング

2018年5月7日放送の「あさイチ」は
「あなたの知らない コワ~い脂肪」。

異所性脂肪についてや
その対策法として
インターバル速歩の紹介!

スポンサードリンク

異所性脂肪とは?

これからの季節、肌の露出が増えると
気になってくるのが脂肪。

脂肪というと皮下脂肪や内臓脂肪を
連想しますが、
最近、第3の脂肪「異所性脂肪」が
健康を脅かすことが、分かってきました。

通常、脂肪は脂肪細胞の中にたまるのですが、
異所性脂肪はそのまま直接
臓器などについてしまいます。

そうするとより深刻なダメージを
与えてしまいます。

これが蓄積していくと、糖尿病や心臓病、
ガンや認知症などにつながることもあります。

脂肪は太っている人ほど
たまっているというイメージがありますが、
異所性脂肪の場合は、太れない人のほうが、
かえってため込んでしまっていることが
あります。

人は脂肪の元でもある脂や糖を摂取すると
まず皮下脂肪や内臓脂肪に蓄積されます。

ここに蓄積されることでで
肥満になっていきますが
異所性脂肪がためこみやすい人は
この脂肪細胞にため込む力が弱く
普段溜まる場所ではない所に
ため込んでしまうのです。

太っている人も太っていない人も
どちらも注意しないといけないのです。



異所性脂肪の判断の目安

健康診断の数値で
異所性脂肪の判断の目安になります。

ALT(昔はGPT)→25IU/L以上

中性脂肪→150mg/dl以上


体力不足が原因?

伊藤さんは56歳の女性で、
身長157センチ・体重45キロのやせ型。

伊藤さんは知らないうちに血糖値が上昇し
脂肪筋になっていました。

筋肉に脂肪がたまり、ほっておくと
糖尿病に近づいてしまうとのこと。

筋肉には身体の中の糖を取り込み、
ためておくタンクの役割があります。

スポンサードリンク

筋肉が糖を取り込むことで
血液中の糖の割合は保たれています。

しかし異所性脂肪が溜まった状態だと
糖が入り込みにくくなります。

この状態が脂肪筋です。

脂肪筋になり、糖が取り込まれにくくなると
血中に糖があふれます。

これが血糖値をあげる原因となるとのこと。

伊藤さんを調べてみると
体力レベルが足りませんでした。

それが筋肉の質の低下に
つながっているのではないかとのこと。

伊藤さんの最大酸素摂取量を測定。

1分間にどれくらい酸素を
取り込めるのかというもの。

伊藤さんは1分間に最大28ミリリットルの
酸素を取り込めることがわかりました。

これは同年代・同体型の平均より
20%も少なかったのです。

体力が低い人はちょっとでも
脂肪がたまると悪いほうに
つながるとのこと。

ここでいう体力は
持久的な運動の能力のこと。

歩くスピードが1つの目安となると
いいます。

年をとってくると
歩くスピードが速ければ
体力があるといえるそうです。

しかし、体力があっても
生活習慣が悪いと異所性脂肪がつく
要因になります

【異所性脂肪がつきやすい生活習慣】

・炭水化物や甘いものがすき
・油物がすき
・1日8000歩未満
・息がはずむような運動をしていない

当てはる人は要注意です


インターバル速歩

体力がないと、異所性脂肪は、
より早い段階で悪影響が
出てきてしまいます。

そこでオススメする運動が、
早歩きとゆっくり歩きを3分ごとに繰り返す
「インターバル速歩」です。

これまで松本市の市民を中心に全国7300人が実践。

そのうちの666人についてトレーニング5ヶ月後の
健康状態を調査しました。

すると体力の平均値が15%向上、
中性脂肪コレステロール値の9割が改善したとのことです。

インターバル速歩は自分の最大体力の70%ぐらい
(ややきついと感じる程度)で
歩くと体力が上がり、
脂肪がよく燃える体になっていくとのこと。

【インターバル速歩のやり方】

1.正しい姿勢になる

2.3歩目を大股で歩くように意識する。

慣れてきたら連続で大股で歩くようにします。

1週間に60分の早歩き

インターバル速歩を
どのくらいの時間行うといいかというと
1週間で60分の早歩き

・毎日9分(朝3分・昼3分・夜3分)
・週末にまとめて60分行う
など
どちらのやり方でも効果は
ほぼ同じだそうです。


歩くのを1日30分(3000歩)程度
増やすだけでも
所異性脂肪が20%ほど減ることが
わかっているとのことです。




食事についてはこちら↓
【あさイチ】異所性脂肪がつかない食事術やレシピ!えのきご飯&カレーライス

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ