【主治医が見つかる診療所】老眼ストップの可能性のある3か条!ガボールパッチ・トレーニング

目、視力

2018年5月10日放送の「主治医が見つかる診療所」は
「目のお悩み解消!老眼ストップ&ドライアイ対策」。

ここでは老眼をストップできる
可能性のある3か条について紹介!

スポンサードリンク

自宅でカンタンにできる老眼チェック

1.腕を大きく伸ばして人差し指を立て、
そこにピントを合わせる

2.人差し指をゆっくり近づけていき、
ぼやけたり二重に見えたらストップ

このとき目から指が30センチ以上
離れていたら老眼の可能性が高い


老眼をストップできる可能性のある3か条

眼科医の平松類さんによると
老眼の進行を遅らせる3か条があるといいます。

①温かいタオルで目を温める

約40度のタオルなどで
仕事や勉強終わりに5分程度目を温める

老眼だけでなく、「目の疲れ」「慢性頭痛」
「肩こり」などの改善効果が期待できます。


②人差し指トレーニング

1.人差し指を目から30cmほど離して立て、
人差し指にピントを合わせる

2.そのあと、2m以上離れた対象物に
ピントを合わせる

3.これを交互に10回程度繰り返す

1日何回行ってもいいので
目を使ったなと感じた時に行うとよい。

遠くと近くを交互に見ることで
ピントを合わせる筋肉を動かすとのことです。



③ガボールパッチトレーニング

ガボールパッチで脳を鍛えること。

今まで、視力を回復させるには
目の部分を鍛えることが唯一の方法と
考えられてきました。

しかし、最新研究により目から情報を受け取る
脳を鍛えることでも、
視力が回復する可能性があると
分かってきました。

スポンサードリンク

【ガボールパッチ・トレーニング】
ガボールパッチという輪郭がハッキリしない
しま模様のマークがたくさん並んでいる中から、
同じ柄を見つけたり、
揃えたりしてゲーム感覚で脳を鍛えるトレーニング。

ポイントは模様がぼやけているというところ。

ぼやけた画像を脳で処理することで
脳のトレーニングになるとのこと。

カンザス大学の研究によると、
ガボールパッチ・トレーニングを
40~50代の男女18人に1回30分、週に2~3回、
合計30回行ったところ、近見視力が平均で
0.3アップしたとのことです。

※スマホなどで無料でダウンロードができます。

秋津壽男先生はウォーリーをさがせ!
などもオススメとのこと。




老眼ストップの最新極意3か条の結果

沢田亜矢子さんが、老眼ストップの
最新極意3か条を1ヶ月間実践。

すると実践前の0.6から、
実践後は1.0に改善していのでした。

平松類先生によると
2か月程度続ければ多くの人に
変化が見られるとのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ