【ヒルナンデス】納豆の上手な選び方の3つのポイント!

スポンサードリンク

納豆

2018年5月10日放送の「ヒルナンデス」の
「最近増えてるンデス」。

今回は「納豆」。

自分好みの納豆の上手な選び方などを紹介!

スポンサードリンク

納豆の上手な選び方

最近増えてきている納豆の
選び方について
日本ソイフードマイスター協会代表理事の
池上紗織先生に教えてもらいます。

上手な納豆選びのポイント

スーパーで最近増えている納豆を検証。

スーパーで買える納豆は30種類以上
あるとのこと。

独特の匂いが軽減されたものや
タレにこだわりがあるものが増加しているとのこと。

①粒の大きさで食感が変わる

粒の大きさには5段階あります。

ひきわり・極小粒・小粒・中粒・大粒

それぞれ食感が違います。

スタジオにひきわり・小粒・大粒が登場。

【ひきわり】

表面の皮を取り除いているので、なめらかな食感

【おすすめの食べ方】
お味噌汁
サラダ
離乳食





【小粒】
納豆の中で一番定番なサイズ
大豆の風味、食感のバランスが良い

【おすすめの食べ方】
ご飯にかける
チャーハン



【大粒】

ホクホクとした食感があり
納豆の中で一番大豆の風味を感じられる

粘りがやや少ない

【おすすめの食べ方】
納豆単品で食べる
塩やごま油をトッピング



②日本で7%しかない国産大豆にこだわる

日本で消費される大豆のうち、
国産大豆はわずか約7%なのだそうです。

その中で納豆に国産大豆が
使われているのはごく少ですが
健康志向の方に人気が高くなっています。

オーガニックや有機栽培の納豆など、
パッケージに表記されています。

中でも、池上さんがオススメするのは
「有限会社下仁田納豆 黒豆納豆」。

北海道産大粒黒豆を使用。
納豆で粒の大きさは1cm以上。
甘味が強くもっちりとした食感が特徴です。

わさび醤油で食べるのがおすすめとのこと。




スタジオに並べられた100種類の納豆で
2000円する高級納豆がありました。

それは丹波黒。



③じっくり時間をかけて気になる匂いをカット

納豆の発酵時間や温度を変えて、
独特の匂いを大幅にカットしたものが
増えています。

パッケージに「じっくり発酵」・「低温熟成・発酵」などと
書かれています。

コメントを残す

このページの先頭へ