【林先生が驚く初耳学】800kcalのお弁当は実は1000kcalかもしれない?

スポンサードリンク

春のお弁当

2018年5月13日放送の「林先生が驚く初耳学!」

800kcalのお弁当は、
実は1000kcalかもしれない?

kcal表示

800kcalのお弁当は、
実は1000kcalかもしれない。

林先生も初耳でした。

カロリー表示は当てにならない
大きな理由があるとのこと。

そもそも、カロリーは
どうやって算出されているのでしょうか?

それが、この「食品成分表」↓

スポンサードリンク

ここには、原材料ごとに、
そのカロリーが表示してあり、

例えばリンゴなら100g当たり61kcal。

砂糖なら100g当たり387kcal と
のっています。

その数値をグラム数とかけて、
それぞれを足していったものが
カロリー表示です。

しかし、ここにカラクリが。

原材料は、産地・季節・部位によって、
カロリーにバラつきがあります。

例えば、収穫された都道府県の違う
2つのリンゴを比べてみると、

100g当たり
A県産→46kcal
B県産→59 kcal
と全く違いました。

そこで、食品表示法によって、
表示カロリーの誤差が ±20%まで
認められています。

お弁当に入っている
食品のカロリーを全部足して、
許容差の範囲とされる20%を
引いたカロリーを表示しても
法律的には問題ないのです。

カロリー表示
許容差の範囲が±20%
までみとめられている

ちなみに、「鉄分」は、
+50%まで許容差の範囲とされていて
実際の表記より少ない可能性も
あるとのことです。

コメントを残す

このページの先頭へ