【スッキリ】初心者でも簡単!ガーデニングのコツを主婦の紫雨さんが伝授!

寄せ植え

2018年5月14日放送「スッキリ」のスッキリTOUCH。

SNS発!スター主婦名鑑
ガーデニング主婦の紫雨さんに密着

初心者でも簡単にできるガーデニングの
コツを紹介!

スポンサードリンク

スター主婦名鑑ガーデニング主婦の紫雨さん

福岡・博多に住む紫雨さん(57)は
ガーデニングが好きすぎて本を出版するほど。

きっかけは自身の庭の記録を綴った
ガーデニングブログ「しあわせ色の毎日」。

このブログが雑誌編集者の目にとまり、
ついに本を出版することに。

自宅のマンションのベランダ部分の専用庭は
6m×3mで10帖ほど。

庭としてはさほど広くないのですが
100種類以上育てています。

紫雨さんは小物類を100円ショップの
もので済ませるなど、
なるべくお金をかけないのがこだわり。

素焼きの鉢も置いてある棚も100円ショップのもの。
味噌こしを鉢に応用するテクニックも。

庭が狭くてもスッキリ見せるコツが
あるといいます。

手前に背の低い植物を植え、
後ろは高くすると中央の空間が広がるとのこと。

寄せ植えのテクニック

紫雨さんが初心者でも
簡単にできるテクニックを紹介。

1つの鉢に複数の草花を植える寄せ植えは
狭いスペースでもガーデニングを
楽しむことができます。

今回は、直径20センチの鉢に
5種類の草花を植えます。

【寄せ植えのやり方】

『用意するもの』

スポンサードリンク


(番組で使っていた花
・バーべナ
・アゲラタム
・サルビア
・カスミソウ
・ワイヤープランツ)

軽石

水きりネット

『やり方』
1.鉢の底に、土などがこぼれないように網を敷く

2.台所用の水切りネットに
軽石を入れそれを置く。

※水はけがよくなる。
また、植え替えの時に土と軽石が分けやすくなる

3.園芸用の土を入れる。

4.花を埋めていく
完成イメージを事前に決めます。

※美しく見せるには
鉢と同じ高さの苗を一番後ろに植え、
少しずつ前に下がっていく形で植える。

初心者は花を同じ系統の色でまとめて、
統一感を持たせるとよいとのこと。

今回は紫系のトーンでまとめて
何にでも合う白い花を真ん中に置いて
アクセントに。

高低差をつけたことで立体感も出ます。

ガーデニング、寄せ植え、花



多肉植物の寄せ植え

多肉植物は手入れが楽なので
初心者にもおすすめ。

苗はもちろん、土や鉢なども100円
ショップでそえることができ手
軽に始められます。

【多肉植物の寄せ植えのやり方】

『用意するもの』

ブリキ缶

軽石

多肉植物

『作り方』
1.100円ショップなどで購入した
ブリキ缶の底に、釘などで
水はけ用の穴を開ける。

2.①に軽石と土を入れる。

3.レイアウトを考え
多肉植物を土に植える。

布川さんが作ったものを
紫雨さんが手直ししてワンランクアップ。

色の違うものは真ん中に持ってきて
ポイントにした方がいいとのことです。

多肉植物

左が布川さん作、右は紫雨さんが手直しした寄せ植え




多肉植物のポイントは生命力の強さ。

挿し木といって、
切った先端や落ちた葉を土に挿すと、
根が出て増えます。

新しい苗を買わなくても
簡単に増やすことができます。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ