【あさイチ】浴室のカビ対策!掃除方法や防カビ方法など

スポンサードリンク

健康法 入浴

2018年5月15日放送の「あさイチ」は
「クイズとくもり もうすぐ梅雨入り 
まさかのカビSP。

もうすぐ梅雨入り。
梅雨と言えば気になり始めるのが「カビ」。

ここでは浴室のカビ対策について紹介!

浴室のカビ対策

体を洗った泡には
カビの大好物の皮脂がたくさんついています。

その結果ボトルのノズルや裏側に
カビが発生しがち。

クラドスポリウムも生えやすい。

生活用品メーカーの吉井和美さんによると、
ラックを使い、水切れをよくすることや
使うたびにボトルを洗うことがポイントとのこと。

また掃除用のブラシやスポンジを
水浸しにすることは厳禁、
つるして水切れをよくすること。

天井の掃除

クラドスポリウムの発生源は「天井」

天井は栄養が少ないため、目に見えるほど成長しません。

しかし、油断すると、見えないカビが
胞子をばらまいています。

その胞子が栄養豊富な床や壁で成長。

いくら掃除してもカビが生えるのは
これが原因となっているのです。


天井の掃除方法

手が届きにくい天井は、
柄付きのお掃除道具で掃除します。

ぞうきんなどに塩素系のカビ取り剤を
スプレーし天井を拭きます。





カビ取り剤を使った後は
その後きちんと水拭きをします。

スポンサードリンク





最近では浴室を丸ごと除菌できる煙タンクの
防かび剤もあり、おすすめ。

間違ったカビ対策

ブラシで目地やパッキンを強くゴシゴシこすると、
かえって目地やパッキンに傷がついてしまいます。

カビは傷の奥へ奥へと入り込み、
ますます取りにくくなってしまいます。

ブラシで洗うときはなでるようにします。

それでも落ちない頑固なカビには、
カビ取り剤をスプレーし、しばらく置いておきます。

壁などだと下にたれてしまいますので、
カビ取り剤を吹き付けた後、
ティッシュペーパーでラップをします。

その上からさらにカビ取り剤を吹き付け、
よく液がなじむように押さえつけます。

置いておく時間は、注意書きの時間を
目安にし、そのあと洗い流します。





この日のカビについての記事はこちら↓
【あさイチ】アレルギーの原因となるカビの発生しやすい場所とは?

【あさイチ】カビの生えたパンは食べられる?&冷蔵庫の野菜室のカビ

【あさイチ】気管支を破壊する要注意のカビとは?エアコンの掃除方法も

【あさイチ】浴室のカビ対策!掃除方法や防カビ方法など

コメントを残す

このページの先頭へ