【ごごナマ】太極拳!3つの動きで若返り!初心者でも簡単

太極拳

2018年5月16日放送の「ごごナマ」は
「太極拳!3つの動きで若返る」。

楊名時さんの孫
楊玲奈さんに教えていただきます。

スポンサードリンク

太極拳

太極拳は中高年におすすめで、
骨にほどよい負荷がかかるので骨粗しょう症予防や
重心をしっかりさせて立つので転倒予防になります。

【太極拳の健康効果】
・ゆったり動ける全身体操
・有酸素運動で代謝アップ
・腹式呼吸で内蔵活性化

※・関節が悪い・重度の骨粗しょう症
・妊娠中などの人
は医師に相談して行ってください。




太極拳の初歩~型をマスター

太極拳は、「ゆっくり」動くことが大切。

動画はこちら↓
楊名時太極拳 師範の楊玲奈さん直伝! 太極拳の3つの型

【腕全体をしなやかに動かす/単鞭(ダンビエン)】

1.右足に体重を乗せて、右手は肩の高さに。
左手を肩の前に寄せる。

2.右手の甲を見ている視線を、
だんだんと左側に移す。

スポンサードリンク

3.左足をかかとから1歩前に出しながら、
左手をむちのように打ち出し、
左足に体重を移動する。

※右手はスカーフをつまむような形にし、
左手をやわらかく前に出す。

鶴のような動きをすることと
体重移動を意識して美しく動くことがポイント

単鞭は呼吸や肩こりの改善に効果があるとのこと。


【高いところから様子を探る動作/高探馬(ガオタンマ)】

4.③の形から右足を半歩左足側に寄せて、
右足に体重移動する。

5.腕を一度下ろしてから、息を吸いながら、
両手を肩の高さまで広げ胸を開く。

6.視線を右手の方を向けてから、
前に戻す。

7.右腕を指先から前に押し出し、
左手はウエストあたりにひきよせる。
そして右手の甲に左手を重ねる。

8.右足にしっかりと体重をあずけて、
左足を上げ、高みから遠くを見下ろすような
形を作る。

※しっかりと右足で体を支えて、
左足を上げる。

左足のひざ下は力まないように。

お腹周りを意識して
バランスを保つとよい。

また、目線は水平にすることと
吸う息の倍くらいの時間をかけて
息を吐くことがポイントである。


【右足を蹴り出す型/右脚(ヨウドンジャオ )】

9.⑧の形から左足を斜め前に
かかとから下ろす。

10.右手と右足を寄せる。

11.大きく息を吸いながら、
右手を外から交差しながら、
右足を上げる。

12.交差した手を大きく開きながら、
右足を蹴り出す。

※左足にしっかりと体重を乗せることで、
軸を保ち軽やかに右足を出すことができます。



これらの動きをできるだけゆっくり行い
1日1回でもOKとのことです。




【ごごナマ】太極拳の基本の立ち方と準備運動(スワイショウ)!楊玲奈

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ