【金スマ】医学的に正しい食べ方&食事術!驚いたランキング7

夕食、食事

2018年5月18日放送の「中居正広の金曜日の
スマイルたちへ」

48万部大ヒット「医者が教える食事術」に
ついて。

良かれと思っていたら逆だった!
驚いたランキングベスト7の紹介!

スポンサードリンク

医者が教える正しい食べ方

今、48万部も売れている
大ベストセラーがあります。
それは「医者が教える食事術」 

著者はこれまで20万人を診てきたという
牧田善二先生。

体のためにはこれが正しい
という食べ方が68通りも紹介されています。

正しい食事術とは
食べ順・食べ合わせ・栄養など
今常識とされている食や料理に関する知識を
医学的に正しく見直した食事方法。

先回の放送はこちら↓
【金スマ】医学的に正しい食べ方&食事術!驚いたランキング7


良かれと思っていたら逆だった!驚いたランキングベスト7

【第7位:卵は1日何個でもo.K】

卵は1日何個食べても
血液中のコレステロール値は上がらない。

コレステロールが高いと
心筋梗塞や脳卒中のリスクを高めるとされています。

なので、卵は1日に1個とされてきました。

しかし2015年、厚生労働省と日本動脈学会は
食事によるコレステロールの変化は
ほとんどないとの発表。

体内のコレステロールの8~9割は肝臓が作っていて、
食事でとったコレステロールの量に応じて、
生産量を調整しています。

なので、食事は体内のコレステロール値に
ほとんど影響がない

むしろ卵は、タンパク質、ビタミン、ミネラルを含んだ
ほぼ完全な栄養食材。

生活習慣病の予防になるので、常識的な範囲内で
積極的にとるとよいとのことです。



【第6位:三角食べはデブのもと】

三角食べとは、ごはんや主菜、副菜を順番に
食べていくこと。

三角食べは早めにご飯を食べることになり、
おかずと一緒に食べることで、
ついついご飯を食べる量が多くなってしまう。

すると体内では急に入ってきた糖質により
血糖値が急上昇。

これを下げるため、
インスリンが脂肪として蓄えてしまい
肥満になりやすい。

大事なのは食べる順番。

タンパク質や脂質から食べると太りにくい。

その理由は、2017年に米国の
タフツ大学で行われた研究で、
食物繊維よりもタンパク質の方が
血糖値を下げる効果が高かったとのこと。

さらに、最低でも3分後に炭水化物を食べると、
糖の吸収を抑えてくれる効果があるとのことです。



【第5位:健康のため手作りフルーツジュースは逆効果】

果物にはミネラルやビタミンなど
体に良い栄養素がたくさん詰まっています。

しかし、果物に含まれるのは果糖。

果糖はブドウ糖とは別物で、
エネルギーになりにくく
中性脂肪として取り込まれやすいため
太りやすくなります。

スポンサードリンク

また、コップ1杯のジュースを作るためには
多くの果物が必要なため、
そのまま食べるよりも果糖を多く
摂取することになります。

さらに、絞るタイプのジューサーの場合は、
食物繊維を絞りカスとして捨ててしまうことに
なります。

なので果物はジュースにせずに食
後ゆっくり食べるとよいとのことです。


【第4位:ダイエットの油抜きはNG】

油はカロリーが高く、摂取すると太ると思われてきました。

しかし、油に含まれる脂質によって代謝がアップ。

ごま油、えごま油、、サラダ油、オリーブオイルなど
植物を原料としてできた油には
必須脂肪酸が含まれています。

必須脂肪酸は人間の体内では作り出せないため、
食べることでしか体内に入れられない。

さらに必須脂肪酸は体内の脂肪を燃やす
働きをしてくれるとのこと。

特にオリーブオイルは
酸化しにくいのでオススメとのことです。



【第3位:抜け毛予防にワカメは意味がない】

髪の毛は99%ケラチンという
たんぱく質でできています。

わかめはミネラルが多く
たんぱく質は極端に少ないため、
髪の毛を作る材料にはならない。

したがって育毛効果は得られない。

ケラチンを増やすためには、
ケラチンの元になるタンパク質や亜鉛、
ビタミンBが豊富な食品を摂るのがいい。


【第2位:美容のためにふかひれを食べても意味がない】

コラーゲンはタンパク質の一種で、
細胞と細胞の間のクッションの役割を
果たしています。

しかし、食べると消化の過程で
分解されてアミノ酸になり、
コラーゲンではなくなってしまう。

コラーゲンをいくらとっても
そのまま体のコラーゲンになるわけではない。

コラーゲンは全て体内で作られており、
作り出すのは皮膚内部にある線維芽細胞。

その働きを活性化してくれるのは、
ビタミンAとビタミンC。

ビタミンAはチーズ・海苔などに多く
ビタミンCはレモン(果物)・緑茶など多く含まれます

しかし、近年の研究ではコラーゲンの一部は
ペプチドという状態になり、体内のコラーゲン生成に
役立つ役割をすることも分かってきているとのことです。




【第1位:太るのを気にして肉の脂身を避ける必要なし】

脂肪は食べても、
そのまま体の脂肪になるわけではない。

脂肪は体内で細胞の膜やホルモン、
胆汁を作る材料になるなど
様々な使い道があり
皮下脂肪として溜まる余地ははほとんどない。

さらに脂肪は消化に時間がかかるため
そもそも吸収されにくい。

また、余った脂肪も便として排出されるので、
肥満の原因にはならない。

どっちが正しい?

【白米とチャーハンのうち太らないのはどちらか】

正解はチャーハン。

太る原因とされる糖質が油でコーティングされ、
吸収がゆっくりと行われるため。




【ほかほかのご飯と冷えたおにぎりでは太らないのはどちらか】

正解は「冷えたおにぎり」。

冷えたおにぎりのデンプンは難消化性デンプンとなり、
ゆっくりと消化されるため、
血糖値の上昇も穏やかになるとのこと。



【焼かない食パンと焼いた食パン(トースト)では、太らないのはどちらか】

正解は焼いたパン(トースト)。

食パンの場合は、焼いたほうが
難消化性デンプンが増えるとのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ