【世界一受けたい授業】スヌーピーに学ぶ人生哲学!

犬、疲れ、ストレス

2018年5月19日放送の「世界一受けたい授業」。

悩める現代人に届けたい!
スヌーピーに学ぶ人生哲学。

さまざまな名言を紹介!

スポンサードリンク

スヌーピーについて

漫画 ピーナッツに登場する
スヌーピーが誕生したのは1950年。

少しずつ姿は変わっていきました。

このスヌーピーのモデルは
作者・シュルツさんの飼っていた
雑種のスパイク。

ピーナッツは新聞漫画で、
シュルツさんが亡くなる1ヶ月前まで
50年毎日連載されていました。

まずはマンガの中でたびたび登場する
スヌーピーの犬小屋。

犬小屋を描くときの決まりが
あったそうです。
それはは、「平面に描いた」こと。

真横から描くことで
屋根の上で寝ようが
タイプライターを打とうが
違和感がなくなるとのこと。

初期は立体的に書かれていたそうです。

作者のシュルツさんは、
ピーナッツの世界観を壊さないように
登場させなかったものがあります

それは大人。

ピーナッツは子供達だけで成立する世界。

シュルツさんは「大人が入り込んできても
居心地が悪いだけだ」と言っていたとのこと。


ピーナッツの名言

悩める現代人に送りたい、
ピーナッツの名言を紹介。

【中井りかさんの悩み】

中井りかさんは、
思ったことをすぐに言うので、
人から嫌われてアンチが
たくさんいるとのこと。

自分が今置かれた環境に悩み・不満を
持っている人への名言。

「配られたトランプで勝負するしか無いのさ、
それがどういう意味であれ」

自分の立ち位置を受け入れ
その中でベストを尽くすことが
重要だと感じさせる深い言葉でした。


【後呂有紗アナの悩み】

後呂有紗アナは人と親しくなるのに
時間がかかかりまだ社内に
親しい先輩がいないとのこと。

「いかなる問題も、
逃げ出せないほど大きくも複雑でもない」

問題との向き合い方を考えたライナスの名言。

どうしても解決できそうにない問題に直面したら、
無理やり解決しようとするのではなく、
時には、問題から距離を置くのも良いのでは?
というメッセージ。



【井上和香さんの悩み】

井上和香さんの悩みは
ソロ育児の期間が多いこと。

夫は映像・舞台監督の飯塚健さんで、
撮影と編集に入ると、少なくとも3ヶ月ぐらいは
何もしないのだという。

これに送るスヌーピーの名言は
「与えることだよ!ただ一つのホントの
喜びは与えることだ」。

毎日の家事や育児は大変ですが、
家族に幸せを与えていると思いながら
家事や育児をしてみてくださいと、
ジーン・シュルツさんが提案。

育児で忙しいのに
家事を手伝わない夫にいらいらしている方も
多いのでは?

主婦が最もストレスを感じているのは
対人関係で、その半数近くが夫という結果も。

プレゼントを貰って
当たり前だと思っている妹サリーに言った、
チャーリー・ブラウンの名言

「与えることだよ!
ただ一つのホントの喜びは与えることだ」

ちょっとキレイ事に聞こえるかもしれませんが、
人のために行動することに喜びを感じられれば
少しはストレスがなくなるのではないでしょうか?

東日本大震災から1ヶ月後、
被災地の早期復興を祈念して描かれたイラストには、
「時にはほんのちょっとしたことが
僕らに希望を与える」という
シュルツさんのメッセージが添えられています。

この1枚のイラストで多くの寄付が
集まったそうです。


スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ