【ヒルナンデス/東海道五十三次 】山菜おこわの会津屋ほか!三重県亀山 関宿

スポンサードリンク

東海道五十三次

2018年5月25日放送の「ヒルナンデス 」の
「東海道 レッツ 五十三次 新名物探し」

関宿や山菜おこわが名物の会津屋の紹介!

スポンサードリンク

東海道レッツ五十三次

江戸時代、日本橋から京都三条大橋を結んだ東海道。

その53の宿場では、数々の名物が生み出されていきました

どんなグルメやスポットがあるのか?

ニッチェとたんぽぽがガチで今の東海道を旅する企画!

先回は鈴鹿サーキットや鉄板焼きの老舗
亀とん食堂へ。

【ヒルナンデス/東海道五十三次】鈴鹿サーキットや三重県亀山の亀とん食堂!

関宿&坂下宿

一行は自転車をこぐこと30kmで関宿に到着。

関宿は江戸時代後期から明治時代にかけて
建てられた町家が多く残る宿場。

次の宿は坂下宿。
オススメスポットは会津屋とのこと。

翌日、重要伝統的建造物群保存地区に
指定され日本の道百選に選ばれている
関宿の町並みを眺めながら移動。

途中で明治15年から創業の桶重を訪れ
花手桶づくりの作業を見学。




【会津屋】

一行は関宿3大旅籠の会津屋に到着。

今は地産地消の手作りにこだわった
お食事処として受け継がれています。

一行は会津屋の大正時代から残る
かまどを見学。

一行はそのかまどで作られた
名物の山菜おこわなどを味わったのでした。

♪————————-♪
会津屋
住所:三重県亀山市関町新所1771-1
♪————————-♪

コメントを残す

このページの先頭へ