【ゲンキの時間】声筋トレーニングのやり方!

スポンサードリンク

かぜ、のど、病気

2018年5月27日放送の「健康カプセル!ゲンキの時間」は
声の衰えは身体の衰え!?

声筋の衰えを改善する
声筋トレーニングのやり方などを紹介!

スポンサードリンク

声筋の衰えチェック

裏声をだした時、
声がかすれてしまったり、
声が出なかった場合は
声を出すための筋肉「声筋」が
衰えている可能性があるとのこと。

声筋とは?

声帯とは、喉仏のやや下側にある
2本のヒダの事。

呼吸をする時は、声帯が開いた状態で
音は鳴りません。

一方、声を出す時は、
声帯が閉まった状態で
肺から空気を出して閉じた声帯を
振動させる事で音が出ます。

この声帯を閉じたり開いたりするのが
内喉頭筋と呼ばれる筋肉。

この声筋が衰えると、
声帯がきちんと閉まらなくなり
隙間ができます。

なので裏声を出すとき、
声が出ない、かすれるというのは
この声帯に隙間があるため。

スポンサードリンク

声筋の衰えが転倒や誤嚥を招く

声帯に隙間があると身体に力が入らないので
つまずいても踏ん張れず、
転倒するリスクが高くなります。

さらに、声筋の衰えが
喉全体の筋力低下につながります。

すると、飲み込む、息を吸うなどの機能も
衰えます。

飲み込み力が衰えると、
食べ物や唾液が誤って気管や肺に入る
「誤嚥」になりやすいです。

また、声筋の衰えにより声帯に隙間が
空いている状態だと、食べ物や唾液が
肺に入りやすくなってしまいます。

声筋トレーニングのやり方

毎日行うことで、声筋を効率よく鍛える事ができ、
声帯の隙間改善も期待できます。

1.「の~」という発音を低音から高音まで、
鼻に抜けるように発声する。

2.今度は「の~」を、高音から
だんだん低くしていく。

10回を1セットとし、1日3セットが目安。

慣れるまでは1日1セットでも構いません。

この方法は、世界的にも認められた
声帯トレーニングの一つで、
リハビリにも活用されているとのことです。

コメントを残す

このページの先頭へ