【ビビット】ベジブロスの作り方・使い方!野菜くずで!

野菜の皮や芯

2018年5月29日の「ビビット」

野菜くずでつくる
ベジブロスの作り方・使い方について紹介!

スポンサードリンク

野菜クズのファイトケミカル

普段捨てていた皮などの野菜クズから
煮出しただし汁「ベジブロス」が、
美容や健康に効果的だとして
話題をよんでいます。

このベジブロスにはファイトケミカルと
呼ばれる成分が含まれていて
強い抗酸化成分や免疫力増強効果があります。

ベジブロスの抗酸化力は
生ジュースのおよそ100倍。

ほかにもポリフェノールなどの
栄養が含まれており、
老化物質を抑制する効果があるとのこと。

ベジブロスの作り方

【ベジブロスのレシピ】

『材料』
野菜の切れ端→両手一杯分

水→1300ml

酒→小さじ1

『作り方』
1.鍋にお水と両手一杯分の様々な
野菜の切れ端を入れる。

5種類以上の野菜くずを使った方が
おいしくできます。

2.効果的に栄養素を引き出すため、
火を付ける前に酒を加える。

3.弱火で20~30分煮る。
※あくはファイトケミカルを含むので
取り除かない。

強火だとえぐみが出て苦い味になるので要注意。

4.ザルでこせば万能スープ
黄金色のベジブロスのできあがり!

ベジブロスの活用法

お味噌汁を作る時の水の代わりや、
だし巻き卵の出汁の代わりとしても
使う事ができるとのことです。

スポンサードリンク

べジブロスに使うとよい野菜・果物

赤→りんご・トマト・イチゴ・ビーツ・赤パプリカ

緑→ピーマン・ブロッコリー・ほうれん草・小松菜・パセリ

黄→アボカド・トウモロコシ・レモン・ターメリック・黄パプリカ

橙→人参・かぼちゃ・マンゴー・かき・オレンジ

紫→紫玉ねぎ・ブドウ・なす・紫キャベツ・赤じそ

黒→黒ゴマ・干しブドウ・ゴボウ・黒豆

白→にんにく・きのこ・大根・じゃがいも・カリフラワー



おすすめはカレー

野菜の皮やヘタ等を煮出すことで
出来る黄金だし、ベジブロス。

シミ・そばかすに効果があると
注目されています。

タカコ・ナカムラ先生によると
カレーライスがおすすめで、
ベジブロスを先にとっておくのではなく、
野菜などを煮込む際に
ヘタ等も一緒に入れて、
ベジブロスのダシを取れば良いととのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ