【この差って何ですか】加熱した梅干しには脂肪燃焼効果も!

スポンサードリンク

梅干しダイエット

2018年5月29日放送の「この差って何ですか?」
「梅干し」がとりあげられました。

より健康効果のある梅干しの食べ方の差について紹介!

スポンサードリンク

より健康効果のある梅干しの食べ方の差

お茶の水健康長寿クリニック院長の
白澤卓二さんに解説していただきます。

梅干しにはいろいろな栄養効果が期待されます。

・疲労回復

・脂肪燃焼

・便秘改善

・血液サラサラ

・老化防止

・胃がん予防

・骨粗しょう症予防

・高血圧予防

・糖尿病予防

・インフルエンザ予防

・持久力にかかわる筋肉の増加

骨粗しょう症

梅干しに骨粗しょう症予防を期待するなら
A:朝食べる B:夜食べる
どっちが効果大?

正解はBの夜食べる

カルシウムを骨に吸収されやすくするには
マグネシウムが必要。

梅干しにはたくさんマグネシウムが
含まれているため、骨粗しょう症の予防になります。

そして、カルシウムの吸収率は
夜に吸収率が上がるので、
梅干しは夕食に食べるのが良い。

老化防止

老化予防に効果的なのは
塩漬けよりもはちみつ漬けの梅干し

スポンサードリンク

抗酸化作用の強い梅リグナンが
はちみつ漬けの方が3割ほど多い。


便秘解消

梅干しに便秘解消効果を期待するなら
A:梅干し+ごぼう
B:梅干し+ヨーグルト
どっちが効果大?

正解はBのヨーグルト+梅干し

ヨーグルトは腸内の善玉菌を増やす一方、
梅干しに含まれるクエン酸は
悪玉菌の増殖を抑制してくれます。

おすすめなのは梅酒ヨーグルト。

梅酒1:飲むヨーグルト2でまぜると
飲みやすい。



血液サラサラ効果

梅干しの血液サラサラ効果を
アップさせるには、
そのまま食べるよりも、
煮て食べるほうがよい。

梅干しを加熱すると、
血液が固まるのを防ぐ「ムメフラール」
という物質が発生し、
血液をサラサラにして
心筋梗塞・脳梗塞の予防に。

煮物に梅干しを入れることで、
手軽に血液サラサラ効果を
得ることができます。

また、加熱した梅干しには脂肪燃焼効果も!

梅干しを生で食べるだけでも
脂肪燃焼効果は得られますが、
加熱することで「バニリン」という
脂肪燃焼効果がある成分がおよそ20%もアップ!



この日の梅干しの記事

【この差って何ですか】万能調味料「梅びしお」のレシピ

【この差って何ですか】梅干しのレシピ!梅干し炊き込みご飯&梅のパリパリ焼き

【この差って何ですか】便秘解消に梅干しヨーグルトのレシピ!

コメントを残す

このページの先頭へ