【ソレダメ】君島十和子のマッサージ法!老けない習慣ベスト5

スポンサードリンク

女性

2018年5月30日放送の「ソレダメ!
~あなたの常識は非常識!?~」。

君島十和子さんの常識を紹介!

スポンサードリンク

君島十和子さんの常識

君島十和子さんの
常識をランキング形式で紹介!





【5位:老化防止のためゴマを大量摂取】

お昼は行きつけのお蕎麦屋「玉笑」へ。

せいろそばを注文したのですが、
そばつゆは5㎜ほどしか入れず、
代わりにすりゴマを大量に加えて
食べたのでした。

いつもマイすりゴマを持ち歩いているとのこと。

ゴマはビタミンE、繊維質が豊富なので、
老化防止の食べるサプリと思って
摂取しているそうです。

さらに食後には「バルサミコ酢」を
現役のまま飲んだのでした。

「バルサミコ酢」は
1日約50cc飲んでいるとのこと。



【4位:血液にオゾンを混ぜる】

スポンサードリンク

やってきたのは大田市場内にある
「東海渡井クリニック」。

1ヶ月に1回は通っていて
血液クレンジングを行うとのこと。

「血液クレンジング」は血液にオゾンを混ぜ、
体内に戻す療法。

渡井院長によるとオゾンを入れることで
ワクチンができ、免疫力を揚げたり
血液の循環を良くする。

料金は1時間で3万4千円とのこと。



【3位:スマホで自撮りではなく地撮り】

仕事に戻った君島さんは
顔が華やかになるように
ピンクや赤などの「シニアグラス」を選んで
使用しているとのこと。

シニアグラスは老眼鏡のことですが、
シニアグラスと呼んでいるそう。

そして、取り出したのは「スマートフォン」。
様々な方向から撮影。

君島さんは鏡をみると鏡の方向に
良い顔をしてしまうためスマホで「地撮り」。

さらに車での移動中も横顔がみえる
鏡で顔をチェック。

横から見たときにその人の
美へのこだわりが現れるような気がするといいます。




【2位:毎日違うヨーグルトを食べる】

君島さんの買い物に同行して
やってきたのは「ville marche 青山店」。

ヨーグルトのコーナーへ。

様々な種類のヨーグルトを
かごに入れていく。

腸のためにいろんな種類の菌を変えて
取っているとのこと。

また、他人でも肌のきれいな人がいると
綺麗な秘密を聞くのだそうです。



【1位:50℃の熱湯で十和子煮】

君島さんはお風呂に入る際、
水と池井戸潤先生の小説を用意。

温度は普段42℃前後ですが
ストレスが溜まったなどと
感じた50℃ほどの温度に上げ、
40分も入浴するそうです。

温度は徐々に上げていき、
途中水のシャワーも浴びる
ということです。

絶対にマネしないで下さい!
とのことです。



【番外編:スキンケア法】

朝のスキンケアの様子を公開。

洗顔料、導入美容液、化粧水、美白美容液、
美容クリーム、美容クリーム、日焼け止め
を使用。



十和子流マッサージのやり方

メイクをしていてもできる方法。

1.人差し指と中指の間で耳の周りを押さえる。

2.耳の周りの筋肉をほぐす。

顔のたるみや筋肉の疲れがとれるとのことです。

コメントを残す

このページの先頭へ