【ヒルナンデス】鎌倉半日旅!メッゲンドルファーのしかけ絵本や厳選3選!

スポンサードリンク

本、絵本

2018年5月30日放送の「ヒルナンデス」の
オズマガジンがプロデュースする鎌倉半日旅。

メッゲンドルファーで紹介された
絵本を中心に紹介!

スポンサードリンク

鎌倉半日旅

オズマガジンがプロデュースする半日旅、
本日の舞台は鎌倉。

朝倉喜心Kamakura

土鍋ごはん専門店でのランチ。
オズマガジンの一押しポイントは
「煮えばなからおこげまで楽しめる
ご飯のフルコース」。


雑貨店・HAND&SOUL

この店を経営しているのはご夫婦。

この店では、ワイン箱でつくった
おもちゃ箱など、拾った石や流木などで
作ったオブジェやアクセサリーが人気。

全て手作り。

ご主人は、長岡造形大学学長、
奥様はイラストレーターなのだそうです。



御成通り

御成通りは鎌倉観光の定番。

昼は人が多いでが、午後5時過ぎだと
人もまばらに。

春奈さんと吉田沙保里さん、
岡田結実さんとはるかさんに
分かれて散策。

春奈さんと吉田沙保里さんは
日本茶セレクトショップの
「CHABAKKA TEA PARKS」へ、

オーナーが8種類の茶葉を厳選。

茶葉の特性を生かした
独自の淹れ方が話題に。

一方、はるかさんと岡田さんは
「Bonnel Cafe 」で
チョコスイーツを食べたのでした。

メッゲンドルファー(絵本のお店)

次にオズマガジンがおすすめするのが、
メッゲンドルファーの
「どうぶつの絵本」などの
名作を用意する絵本のお店。

そこには、進化したしかけ絵本が
たくさんあったのでした。

【クリスマスの足音】

めくると動いてるように見える
しかけが施されています。



【くろまるちゃん】

一枚の紙から作ったしかけ絵本。



【ストロボフライ】

パラパラ絵本も進化していて、
めくる場所に対応し絵柄が変わります。



メッゲンドルファー・オーナー夫妻が選ぶ絵本3選。

オーナー夫妻が選ぶ、
大人も楽しめる名作しかけ絵本3選。

【まほうつかいのノナばあさん】

アメリカでコールデコット賞にも輝いた、
トミー・デ・パオラさんによる作品。

作品の中では、家族や食べる事、
許すこと、愛することなどを、
心温まるイラストで教えてくれます。

結婚式の引出物などで贈られる事もあるそう。


【音が出るしかけ図鑑 森のいきもの】

動物の鳴き声が聞けて、
リアルに動物を体感できる一冊。



【Little tree】

駒形克己さんの本。

イタリアのボローニャ国際児童図書展で、
総合的に優れた児童書に贈られる
ボローニャ・ラガッツィ賞を受賞した作品。

絵本で表現されているのは、
季節の移り変わりで変化する木の姿。

木の人生と自分の人生を重ね合わせ、
余韻に浸れるという本です。



鎌倉半日旅の後編は後日。

コメントを残す

このページの先頭へ