【サタデープラス】健康診断結果の見方!悪玉と善玉の割合&HbA1c(血糖値)

病気、血圧計

2018年6月2日放送の「サタデープラス」。

正常値内でもリスクあり!?
健康診断新常識の紹介!

スポンサードリンク

健康診断の落とし穴①

悪玉(LDL)コレステロールと
善玉(HDL)コレステロールの
健康診断結果が基準値内のA判定でも
心筋梗塞・脳梗塞などのリスクあり!

悪玉(LDL)コレステロールと
善玉(HDL)コレステロールの割合に注目。

血管が詰まる原因は
悪玉コレステロール。

血管内で脂肪の塊になりなり
これが血管を詰まらせる元になります。

善玉コレステロールは、
悪玉コレステロールを
回収する働きがありますが
悪玉が多ければ、善玉の回収が
追いつかなくなり
悪玉が溜まってしまいます。

「心筋梗塞」「脳梗塞」はLH比が鍵。
LDL(悪玉)/HDL(善玉)≧2以上だと要注意。



悪玉&善玉の改善法

一番数値が良かったのは
柴田理恵さんで1.1でした。

柴田さんが行っている生活習慣を確認。

「お弁当をあえて残す」
これは腹八分目で、悪玉を減らす事になります。

さらに愛犬の散歩にも出ているため
有酸素運動で善玉が増加します。

・食事を腹八分目にする
・有酸素運動をする。



健康診断の落とし穴②

「HbA1c」が基準値内でも
糖尿病の原因決土スパイクのリスクあり!

「HbA1c」は1~2ヶ月間を平均した血糖の状態。

そのため、血糖が基準値内でも
糖尿病の元“血糖値スパイク”のリスクが
あるとのこと。

医学界でも注目を集めているキーワード
「血糖値スパイク」。

そもそも血糖値は食事をすることで
上昇をするものでしばらくしたら
落ち着くのが通常。

しかし、「血糖値スパイク」は
食後に血糖値が急上昇すること。

この状態だと
すい臓の負担がかかり、
糖尿病の原因になるといわれ、
日本にいる1400万人が
血糖値スパイクとも言われています。

HbA1cが5.8以上の人は血糖値スパイクの
リスクがあります。



「HbA1c」の下げ方

食後すぐに軽い運動をするのが良い。

5分~10分くらいウォーキングや
家事仕事を行うのが良いとのこと。

あまり激しい運動はNG。



腹部エコー検査

自腹でも受けるべき追加検査は
腹部エコーです。

スポンサードリンク

腹部エコーでは、
自覚症状が出にくい沈黙の臓器と呼ばれる
肝臓やすい臓などの臓器を簡単に
検査できます。



セルフ健康診断の「手挙げぶらぶら」

血管の老化が分かるセルフチェックを紹介。

【手挙げぶらぶらのやり方】

1.その場で両手を挙げ
30秒間手をぶらぶら振る。

2.ゆっくりと手を下ろす。

手全体にジーンとした感覚
があれば正常です。

感覚が何もない人は要注意です。
血液ドロドロになっている可能性が高いとのこと。



自宅で出来る!おうちドック」

自分で血液と尿を採って
送るだけでがんの可能性まで
調べてくれます。

がん16種類と生活習慣病9種類が分かります。

おうちでドックはこちら↓
おうちでドック公式サイト




楽天さんでも血液で生活習慣病などを
チェックできるものなどがあります↓


スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ