【ごごナマ】肩甲骨ストレッチ!肩こり借金返済by松平浩

肩こり、傷み、女性

2018年6月5日放送のNHK「ごごナマ」は
グッバイ!肩こり借金

ここでは肩甲骨を動かす
ストレッチなどを紹介!

スポンサードリンク

グッバイ!肩こり借金

肩こり借金とは肩甲骨まわりの
筋肉が上手く動かなくなり
血流が悪くなること。

肩こり借金を清算する方法を
教えてくれるのが松平浩さん。

肩甲骨を動かそう

1つ目のポイントは
「肩甲骨を動かそう」

【①肩甲骨のダイナミックストレッチ】

1.片方の腕を上げ、中指で肩の骨に触れる。

指先を肩にあてるのが難しい場合は
鎖骨のあたりでもOK。

2.目線はひじを追うようにして、
ゆっくり後ろに腕を回していく。

肩甲骨が動いていることを意識して、
5~6回が目安。

【②腕開閉ストレッチ】

両脇をしめて「前ならえ」の姿勢をとり、
手のひらを上に向ける。

脇を締めながらゆっくり
左右に腕を開く。

肩甲骨をギューっと寄せて
5~6秒キープ。

痛みが出る人や体が硬い人は
90度まで無理して開かない。

この状態から腕を下ろしたときが
いい姿勢とのこと。

「美ポジ」は肩こり知らずの
基本の姿勢で猫背の改善にもなる。


首の使い方を覚えよう

2つ目のポイントは
「首の使い方を覚えよう!」。

首の支点と頭蓋骨と首のつなぎ目が
一番痛めやすいという。
首の後ろの上の方(頚椎1番・2番)を
動かすことを意識。



【あご引き体操】

正しい姿勢が身につく体操。

首の緊張と負担を減らす。

1.軽く胸を張り
目線はまっすぐ遠くを見る。

2.両腕を胸の前で交差させ、
あごを引く。

両手を交差できない場合、
同じ側の肩にのせる。

首の湾曲は前にいくのが正しいので、
時々意識して戻してあげるのが大事。




【ごごナマ】ストレス解消に瞑想発声あおんのやり方!肩コリ改善

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ