【きょうの料理】チキンソテーねぎ塩だれのレシピ!井原裕子

鶏肉徹底活用

2018年6月11日放送の「きょうの料理」は。
鶏肉徹底活用!

今回はコクとうまみがたっぷりの「もも肉」で、
焼く、炒める、煮る、の3品。

ここでは井原裕子さんの
チキンソテーねぎ塩だれのレシピの紹介!

スポンサードリンク

チキンソテーねぎ塩だれのレシピ

レモン汁入りのさっぱりねぎ塩だれは、
ジューシーなもも肉にぴったり!

【チキンソテーねぎ塩だれのレシピ】

『材料』

鶏もも肉 →1枚(250~300g)

塩→小さじ1/3

粗びき黒コショウ→少々

サラダ油→小さじ1

(ねぎ塩だれ)
ねぎ →1本

(A)
ごま油 →大さじ2
レモン汁 →大さじ1

塩 →小さじ1/3

黒こしょう(粗びき) →少々

『作り方』
1.鶏肉は皮と身の間の余分な脂肪を除く。

身の厚い部分はところどころに
浅く切り目を入れ、両面に
塩小さじ1/3、黒こしょう少々をふる。

スポンサードリンク

※ところどころ筋を切るようにして
切り目を入れておくと、焼き縮みも少なく
均一に火が通る。

2.ねぎ塩だれをつくる。

ねぎはみじん切りにしてボウルに入れ、
(A)を加えてよく混ぜる。

肉を焼く間、そのままおいて
味をなじませる。

※置いておくとねぎの辛みが飛ぶ

3.フライパンにサラダ油を
弱火で熱し、鶏肉の皮側を
下にして入れる。

※弱火でじっくり焼く
余り動かさない。

時々フライ返しで上から押しつけ
ながら焼く。

出てきた脂を紙タオルで
拭き取りながら8分間ほど焼く。

4.肉の側面の下半分ほどまで色が変わり、
皮がこんがりと焼けたら裏返し、
さらに4分間ほど焼く。

火を止めてそのまま2分間ほどおき、
余熱で完全に火を通す。
※余熱で火を通すことでふっくら仕上がる

5.食べやすい大きさに切り、
器に盛りつけてねぎ塩だれを
かけてできあがり!




【きょうの料理】鶏とトマトの甘酢炒めのレシピ!井原裕子

【きょうの料理】鶏となすのしょうが煮のレシピ!井原裕子

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ