【ヒルナンデス】9割の栄養捨ててます!ブロッコリー、卵、納豆、人参の正しい食べ方

野菜

2018年6月11日放送の「ヒルナンデス」の
「目からウロコの新常識 ~栄養編~」。

スポンサードリンク

目からウロコの新常識 ~栄養編~

売上23万部突破の話題の本
「その調理、9割の栄養捨ててます!」を
監修した管理栄養士の濱裕宣さんは、
入院患者約700人の栄養管理を行いながら
栄養を最大限に摂れるレシピを日々考案しています。

今日は濱さんの著書の中から、
知っておくべき栄養の知識を紹介。



【ブロッコリー】

ブロッコリーは食物繊維・ビタミンCなどが豊富。
特にビタミンCはレモンの1.2倍も含まれています。

しかし、サラダにする時にお湯でゆでると、
ビタミンCがお湯に流れ出てしまい、
生の状態に比べてビタミンcの6割を捨てています。

レンジや蒸し器を使えばビタミンcはほぼ失われません。



【卵】

卵は目玉焼きにすると、
ビタミンDを4割も無駄にしてしまいます。

ビタミンDは骨を強くする効果が期待でき、
摂れる食材が限られているため貴重な栄養素。

最もビタミンDが摂れる卵の食べ方は、半熟卵

ビタミンDは高温で加熱すると減少してしまうので、
一番は生卵がオススメですが、
体内への吸収率が低いので、
半熟卵が一番おすすめです。

スポンサードリンク



【納豆】

納豆は、アツアツのごはんにかけると酵素が
6割も死滅してしまいます。

ナットウキナーゼ(酵素)は血液をサラサラにする
効果があります。

ナットウキナーゼ(酵素)は、50℃以上で鈍くなり、
70℃で働きを失います。

炊きたてのご飯は約80℃ほどもあるので、
茶碗にもってから3分ほどたって
ご飯にかけるのがオススメ。

また、アルギニンとナットウキナーゼは
睡眠中に作用するため、夜に食べるのがおすすめ

納豆と相性抜群な食材はタマネギとアボカド。

先生おすすめの納豆レシピはこちら↓
 【ヒルナンデス】オニオンアボガド納豆丼のレシピ!9割の栄養捨ててます

オニオンアボガド納豆丼


【ニンジン】

ニンジンを生で食べると
β―カロテンの9割以上を捨てています。

ベータカロテンは体の中でビタミンAに変わるが
生で食べてもほとんど吸収されない。

ニンジンのベータカロテンを
最も効果的に取れる調理法は油で炒めること。

ビタミンAは油に溶けるため
油と調理することで体内に吸収されやすくなります

ベータカロテンの吸収率は
生・煮る・蒸す・油で炒めるの順番。

先生おすすめのニンジンレシピはこちら↓
【ヒルナンデス】ニンジンカレーきんぴらのレシピ!9割の栄養捨ててます


【きゅうり】

キュウリはある食べ方をするだけで
ビタミンB1が8倍になる。

ビタミンB1は豚肉などに多く含まれ、
疲労回復効果があります。

キュウリを栄養満点にする方法はぬか漬け。

きゅうりそのものには栄養はほとんどないが
ぬかの栄養成分をキュウリが吸収するので
一気にパワーアップ。

カリウム・ビタミンKは3倍になり
ぬかの乳酸菌は腸内環境を整えるとのことです。


スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ