【たけしの家庭の医学】たんぱく質で免疫力をアップ!小腸の毛(絨毛)をふさふさに

腸内フローラ、細菌

2018年6月12日放送の「たけしの家庭の医学」の中の
免疫力を上げる科

小腸の毛(絨毛)を
フサフサにする栄養素について紹介!

スポンサードリンク

免疫力とは?

免疫力とは、体内に入ってきた敵を
退治する免疫細胞の活力を示す指標のこと。

免疫力が高ければ
いつまでも健康を保てますが、
免疫力は年齢を重ねるほど低下。

がんや重度の肺炎を
引き起こすこともあります。

免疫力を上げるためにしていることを
街の人にきくと
運動習慣、食生活の改善、睡眠時間を
たっぷりとるなど。

しかし免疫力アップが
実感できていない人も
少なくなかったのでした。

帝京大学医学部附属病院の
福島亮治先生によると免疫力アップの
カギはある臓器に隠されているといいます。

小腸の毛(絨毛)

それは腸。

特に小腸が大事で
小腸の内側には細かな毛が
びっしりと生えています。

これを絨毛と呼んでいます。

生え方は人それぞれ。

50代以上の6名の方を特別な血液検査で
絨毛の状態を調べました。

絨毛がふさふさの人はNK細胞の活性度が
基準値より高かったのでした。

小腸の主な働きは食べ物から
栄養素を吸収することですが、
もう一つの重要な役割が免疫の働き。

小腸には食べ物と一緒に
毒素や病原菌も一緒に入ってきてしまいます。

これらの体内への侵入を防ぐために
絨毛の免疫細胞が存在します。

絨毛を全部広げるとあります。

小腸の絨毛を全て広げると
約200平方メートル(テニスコート1つ分)
にもなります。
この面積全てに免疫細胞がいます。

スポンサードリンク

絨毛をフサフサにするためには、
絨毛をフサフサにする栄養素をとる
必要があります。

免疫力が高かった人と低かった人の食事を
比べてみました。

免疫力が高かった人が
よく食べていたのは タンパク質。

たんぱく質にふくまれる
グルタミンというアミノ酸がが
小腸の活性化に有効。

体内に入ったグルタミンは
小腸の重要なエネルギー源となり

・短くなった絨毛を伸ばす
・少なくなった絨毛を増やす
という働きをすると考えられています。

高齢者のたんぱく質摂取量の
平均は1日約68g。
しかし、厚労省の摂取目安量は75g。

たんぱく質で免疫力をアップできるのか検証

たんぱく質をより多く摂取することで
絨毛を蘇らせ免疫力をアップできるのか検証。

免疫力が低かった高橋さんが
免疫力改善に挑戦します。

高橋さんのある1日のたんぱく質摂取量は
合計48.2gでした。

ちょい足ししたたんぱく質で
免疫力アップを目指す。

期間は5日。

1日目の朝、味噌汁に生卵をちょい足し
お昼はコーンスープに生卵、
トーストにチーズをちょい足し。

夕食はマグロのすき身に生卵を
ちょい足ししてマグロユッケに。

1日目のたんぱく質摂取量は合計65.8g。

2日目以降も続けました。

5日後、再び血液検査をすると
絨毛の状態43.9→61
NK細胞の活性度3.3→3.6

絨毛の状態は基準値を越え、
免疫力は若干の上昇となりました!

今後もたんぱく質をとる食生活を続ければ
さらなる改善か期待できそうです。



【たけしの家庭の医学】腰痛・ひざ痛にジグリング(貧乏ゆすり)!股関節を再生

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ