【たけしの家庭の医学】腰痛・ひざ痛にジグリング(貧乏ゆすり)!股関節を再生

座り過ぎ

2018年6月12日放送の「たけしの家庭の医学」の中の
腰痛・ひざ痛を解消する科

ここでは股関節を再生するジグリングについて紹介!

スポンサードリンク

腰痛、ひざ痛の新原因

約3000万人が患う腰痛、
約2000万人が患うひざ痛。

なかなか治らない腰痛、ひざ痛ですが
腰やひざ以外の新原因を解決する
簡単改善法が注目されています。

チェック法

新原因から痛みが出ている人は
いるのか調査。

後ろから見たお尻のラインに注目。

片足で立った時にお尻のラインが
正常な人は足を上げたほうのお尻が
上がりますが、ラインが上がらなければ
新原因の疑いがあるとのこと。

大川先生がチェックすると
被験者10人のうち2人が
新原因による可能性があったのでした。

股関節の異常

新原因の場所とは股関節。

2人の股関節をレントゲンの検査で調べると
異常が発見されました。

股関節の異常は軟骨に
負荷がかかることで起こります。

軟骨がすり減ると隙間が狭くなり
炎症が起き、痛みが出てきます。

スポンサードリンク

それをひざや腰の痛みと誤って
認識することがあるとのことです。

ジグリング

大川先生は軟骨の再生が期待できる
簡単な方法があるといいます。

その方法はジグリング。

ジグリングは貧乏ゆすりのことで
足を小刻みに動かす事をいいます。

大川明生先生の研究グループで開発され
推進されてきた方法です。

貧乏ゆすりによって関節液という
液体から軟骨を維持する栄養成分が流入。

すると軟骨の成長が促され、
やがて再生される可能性があると考えられています。

ジグリングのやり方

ひざを90度に曲げて座り
かかとを上下させ股関節を動かすだけ。

両足同時でも交互でも良い

1日2時間以上行うと効果的。



ジグリングを検証

ジグリングをどれだけ続ければ
痛みは緩和するか検証。

腰痛の原因が股関節の異常にある可能性が高い
坂本さんにジグリングのやり方を伝授。

ジグリングをどれぐらいやれば
腰痛が緩和されるのか検証スタート。

検証10日目。
物を持ち上げる動作をしても
腰に痛みが出なかったのでした。

特に痛かった腰を反る動きでも
改善がみられました。

ジグリングにより軟骨が再生し
腰痛の緩和につながった可能性が
あるとのことです。



【たけしの家庭の医学】たんぱく質で免疫力をアップ!小腸の毛(絨毛)をふさふさに

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ